落ち着きがない大人から抜け出すための話し方とは?

xpzu2

子供のうちはヤンチャな方が良いですが、社会人となると落ち着きのある人間が好まれますよね。頼りがいがあるように見えますし、営業などへ行っても相手に舐められないで済みます。いい大人で落ち着きが無い人は、子供っぽく見えてしまうのでマイナスですよね。

特に、管理職で部下を多く抱えている人であれば、落ち着きのある印象を持つことが大切です。何か問題があった時に慌ててしまうのは、だらしない印象を与えてしまうでしょう。ですから、軽い人間だと思われないように、落ち着きを意識するようにしてください。

落ち着いた人間になるための心構え

自分を客観視する

些細なことで慌ててしまう人は、自分のことしか見えていない場合が多いです。なので、もっと周りを見渡すようにしてください。自分自身を客観的に見ることができれば、落ち着いて状況を整理することができるはずです。

周りに協力者が見つかるかもしれませんし、良い解決方法が浮かぶこともあります。その場の状況に流されてアタフタしてしまうと、余計にトラブルが大きくなるので注意してください。

深呼吸をする

何かの行動をする前には、大きく深呼吸をしましょう。少し考えてから行動をするだけで、冷静になって状況を判断することができるはずです。落ち着きが無い人は、何でもすぐに行動してしまいがちですが、それだと上手くいく可能性が低いですね。

なので、行動の前に5~10秒ほど考える時間を持つことが大切だといえるわけです。よく考えて行動する習慣を付ければ、ほとんどの状況に対応できるようになるでしょう。

自信を持つ

自分に対して自信を持っていない人は、落ち着きが無い傾向にあります。自信を持つことで堂々としていれば、慌てることもありませんよね。なので、「自分はできる人間だ」と思い込むようにしましょう。

それだけで、心理的な落ち着きが大きく変わるはずです。自信というのは思い込みですから、根拠が無くても思うことが大切だといえます。

落ち着きのある話し方を身に付ける

ゆっくりと話す

落ち着きが無い人は早口な傾向にあるので、ゆっくりと話すことを意識してみてください。大切なことは、「間」を十分に確保することです。会話の間が無い人は、せわしなくて聞き取りにくい話になってしまいます。

十分な間を空けて話すだけで、その人の印象は大きく変わるものです。自分の会話を録音して、何度も聞いてみるのも良いですね。

「えーっと」を無くす

話の途中で、「えーっと」と何度も言ってしまう人がいます。これは癖になっているので本人は気付かない場合が多いですが、これを無くすだけで会話が聞き取りやすくなります。先述したように、会話には「間」が重要です。

「えーっと」を何度も言ってしまうと、会話の間が無くなるので落ち着きのない印象となるわけですね。なので、意識的に「えーっと」を言わないようにしてください。そうすることで、会話の間が沈黙になるので、落ち着きのある話し方になるわけです。

沈黙を恐れる人は多いですが、会話においてすごく重要な要素です。沈黙があったほうが相手の理解度が高くなるので、覚えておきましょう。

以上、落ち着きのある話し方を身に付ける秘訣を紹介しました。特に難しいことは無いので、毎日の生活で意識をしてみてください。無意識の癖だと克服までに時間が掛かるかもしれませんが、少しずつ改善できるようにしましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする