周りの視線が気にならなくなるには?

v45s5

人と話しているときに、周りの視線を必要以上に気にする人がいます。または、話していないときでも、誰かに見られていると思い込んで緊張したりする人もいますね。そういった状態だと、話すときに必要以上に緊張するので上手く話せなくなってしまいます。

これが重度になると、視線恐怖症といわれるような周りの視線に恐怖を感じてしまうような状態になるんです。そうなってしまったら、会話どころじゃなくなりますよね。なので、視線を意識しないようにする努力が必要となります。

一般的に、視線恐怖症はプライドが高い人ほどなりやすいと言われています。スタイルや見た目がキレイな人がそれに当たりますね。「キレイなら視線を気にしなくても良いじゃん」って思うかもしれませんが、そういった人ほど周りからどう見られるかが気になるわけです。

周りの視線を気にしなくなる秘訣

思い込みを捨てる

ほとんどの場合、周りからの視線というのは自分の思い込みです。実際には、そんなに見られているわけではないんですね。つまり、自意識過剰だということです。実は、人は他人のことに、そこまでの興味を持っていません。どんな服装をしているとか、どんな顔をしているとか、そんなことはどうだって良いわけです。最初から見ていません。

だから、「自分なんて見られていない」という意識で、行動するようにしてください。そうすることで、事前と楽に人と接することが出来るようになります。最初のうちは出来ないかもしれませんが、徐々に意識をしていってください。

自分の価値観で行動する

「人からどう思われても関係ない」という意識を持つことも、すごく大切ですね。他人からの評価を気にするのではなくて、自分だけの基準を持つということです。他人からの評価を期待しても、思うように評価されないことが多いはずです。

なので、自分の基準で自分を評価すればいい良いんですね。他人からどう思われたとしても、自分が納得できる生き方なら良いじゃないですか。そういった自分の価値観を持つことは、非常に大切なことです。これが出来たら、自信を持って人と接することが出来るはずですよ。

周りの評価なんて関係ない

視線を気にせずにいるためには、周りの評価を気にしないということが大切です。結局のところ、他人から好かれたいと過剰に思うから視線が気になるわけです。そんなことを気にするのではなくて、自分が納得できるかを意識するようにしましょう。

自分自身が楽しんで会話していれば、相手も楽しんでくれるはずです。自分の基準で行動できるように、普段の会話を心がけるようにしてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする