人付き合いが苦手な人を変える3つの方法

yi17b

人見知りの人は、他人とうまく接することが出来ません。自分の思いを的確に伝えられなかったり、相手の考えを受け入れることが出来ずにいます。その結果、自己嫌悪に陥ってしまって、自信を失ってしまうといったことになりがちですね。

自分のことを嫌いになってしまうと、人前に出た時に堂々と話すことが出来なくなってしまいます。また、自己主張をすることを控えてしまうようになりがちですから、ますます人見知りに拍車がかかることがありますね。

これを改善するためにも、ちゃんと人と接することが出来るように努力をする必要があります。人見知りであっても、上手く人間関係を作ることが出来ますよ。正しい対策法を知るようにしてください。

堂々と人付き合いができるための3つの方法

自分を受け入れる

まずは、自分のことを受け入れることから始めるようにしてください。人付き合いが苦手であっても、それを認めてあげるわけです。上手く話せない自分を否定するのではなくて、認めてあげることがすごく大切なんですね。

たとえ、今話せなかったとしても、少しずつ上達をしていけばいいわけです。なので、落ち込む必要なんてありません。自分のペースで取り組んでいくべきですから、ゆっくりと練習をしていきましょう。

そのためにも、今の自分を受け入れることをしてくださいね。

自分を好きになる

自分のことを好きになることも、非常に大切な要素の一つです。自分を否定してしまっていると、自信を持つことなんてできません。やはり、今の自分のことを好きになる努力をすることが、何よりも大切な事なんですね。

そのために、自分の長所となる部分をしっかりと認識する必要があります。自分が優れていると思うところを、紙にリストアップしてみましょう。出来るかぎりの多くの要素を、しっかりと紙に書き出してください。

そうすれば、おのずと自分の良さを認識することが出来るでしょう。後は、その部分を誇りに思って行動するようにしてください。自分が変わってくるのを認識することが出来るはずですよ。

他人と比較しない

人見知りの人は、自分を他人を比較して劣等感を持ってしまう傾向にあります。そういった癖が付いていると、いつまでたってもコミュニケーションが上達しません。なので、比較することを止めるということが必要になってきます。

そもそも、自分と他人は全く別の存在です。なので、比較すること自体が間違っているわけですね。また、人は他人を見るときに、良い部分ばかりに目が行きます。隣の芝は青いといいますが、良い部分ばかりを見てしまいますわけです。

他人の良い部分と自分を比較したら、負けるに決まっています。だから、そういった無意味な比較はしないようにしてください。自分はオンリーワンの存在だと認識していれば、比較しても落ち込まないようになりますよ。

自分の基準で人と接することが出来るように

人付き合いが苦手な人は、明確な自己を持っていません。人見知りだと周りの目が気になりなりすぎるので、自分自身の基準を持つことが大切になってきます。周りに左右されない自分自身を持てるように、上記で紹介したことを意識してみてください。

人見知りを克服するためにも、これはすごく大切なことです。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする