真似ることから始める

hpef2

自分の話し方に自信を持つことが出来ない場合、話し上手な人の真似をすると効果的ですよ。自分の周りにいる話し上手だと思う人の、仕草や言葉運びなどを真似てみるわけです。そうすることで、上手な話し方のスキルを体で覚えることができます。

心理学用語で「モデリング」と言われる手法ですが、かなりの効果があることで有名です。でも、話し上手といっても定義が色々とあるので、自分に合った話し上手な人を選ばないと失敗することがありますね。

面白い話をすることが得意な人や理路整然と論理的に話す人。相手の話を聞いて盛り上げるのが上手い人など、色々な話し方をする人がいるわけです。なので、自分のキャラに合った人を見つけて、その人を真似るようにしてみてください。

ここの見極めはすごく重要なので、間違った選択をしないようにしましょう。一見、話し上手に見えても、自分のことばかり話して相手の話を聞かない人や表面上だけで良い顔をするような人もいます。ですから、そこをしっかりと判断するようにしてください。

最初は猿真似で良い

真似をするべき人を見つけたら、そのままコピーしてみましょう。最初は違和感があると思いますが、やっていくうちに慣れていくはずです。話し方は体で覚えることが最も大切なので、一定の期間で真似をし続けることが重要なんですね。

そして、それが慣れてきたら、少しずつ自分の個性を出していくようにします。徐々に自然体の自分を出すようにすれば、それがオリジナルとなって個性のある話し方になっていきます。こういった形で、自分の会話力を磨くようにすれば良いですね。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする