話しやすい雰囲気・空気感を作る方法とは?

mry9q

会った瞬間に、「この人、苦手だな。。。」と感じる時ってありますよね。話してもいないのに、苦手意識を持ってしまうことがあります。特に、人見知りの人は、周りの人に対して話しにくいというオーラを出してしまっていることが多いです。

だから、誰からも話しかけられないですし、自分から話しかけることもできずに孤立してしまうわけです。これを防ぐためには、まず自分の放つ空気を変えることが大切となります。

そもそも、空気感とは何かというと、自分の心です。自分の内面の心が、空気やオーラとなってその人から出てくるわけです。心から楽しんでいる人であれば、楽しそうな空気がその人から発散されます。逆に、イライラしていたりすると、近づきづらい空気が出ていくことになります。

なので、話しやすい空気を作るのであれば、自分の心を明るくするということが大切だということですね。自分に対してコンプレックスや虚栄心などを持っていたら、マイナスの空気が出てしまうことになります。

それを防ぐために、常に明るい気持ちで人と接するようにしましょう。そうすることで、話しやすい空気を出すことができるので、周りの人から好かれやすくなるでしょう。

明るい気持ちで人と接するためには?

では、どうすれば明るい気持ちを持って、人と接することができるのか?それは、物事の捉え方を変えることです。たとえば、財布を落としてしまったとしても、「死ぬよりはマシだ」と思えたのであれば大きなショックになりませんよね。たとえ、悪いことが起きたとしても、それでも良かったと思えることが大切なんです。

このように、物事の捉え方をプラスに変えることで、いつでも明るい気持ちでいることができるということです。

また、相手を愛する努力をすることも大切ですね。目の前の人に好意を持って、笑顔で接することができれば、それだけで話しやすい印象を与えることができます。自分から相手のことを好きになれば、きっと相手に伝わるでしょう。

以上のような感じで、自分の内面の気持ちを意識して人と接するようにしましょう。そうすれば、きっと好かれやすい空気を身に付けることができるようになるはずです。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする