全般性不安障害の治し方について

83pbg

全般性不安障害とは、理由もなく突然、不安が心の中に現れる症状のことです。しかも、一度不安が現れると、それが途切れることがありません。一つの心配がまた別の心配を生むという悪循環に陥ってしまうことがあるので、注意が必要です。

発症率は5%程度だと言われており、女性に多くみられる疾患です。また、パニック障害やうつ病などの患者が、全般性不安障害にもかかっているというケースが多いです。精神疾患の患者のうち、4割程度に全般性不安障害が見られるというデータもあります。

主な原因としては、精神的なものと言われており、ショック、心配事、悩み、ストレスなどが要因となるようです。しかし、全くそういったことがない人でも、発症することがあります。他にも、過労や寝不足などの身体的悪条件が原因となることもあるようです。

治療の方法としては、薬物療法と精神療法の2つがあります。薬物は、抗不安薬(ベンゾジアゼピン)が用いられます。ただ、これは常用すると依存症になりやすいので最小限にとどめないといけません。さらに、お酒との併用は避けるようにしましょう。

もしも、全般性不安障害になってしまったらどうするか?まずは、身体的自覚症状で内科を受信してください。そして、問題が無ければ、精神科に行くようにしましょう。精神疾患はれっきとした病気ですから、恥ずかしがらなくてもかまいません。ちゃんと信頼できる医師に診てもらって、適切な治療を受けるようにしてください。

早期発見と早期治療が改善するためのコツですから、これは忘れずに覚えておくようにしてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする