会話力を上達させるためのキッカケとは?

8atkd

話ベタになってしまう原因はたくさんありますが、上手く話せなくなってしまうとなかなか改善が難しくなってしまう場合があります。トラウマとなってしまって、長年引きずってしまうこともよくある話ですね。

でも、ちょっとしたキッカケで人は変わることが出来ます。特に、話ベタは精神的な理由が大部分を締めます。なので、少しの心の変化があれば、きっと変わることが出来るでしょう。

高い理想は捨てる

会話が苦手な人は、高すぎる理想を持っていることが多いです。お笑い芸人のように、面白おかしく会話できるようなイメージを持っているんですね。しかし、普通の一般人を見た場合、そこまで完璧に話せる人なんていません。

誰だって不完全ですし、色々な欠点を抱えているわけです。なので、高すぎる理想を持ち続けている限り、そこに到達することは難しいでしょう。むしろ、話せない自分に対して、劣等感を持ってしまうことがあるので注意が必要です。

完璧な人間はいないということを、覚えておきましょう。そうすれば、自然とリラックスして話せるようになるはずですよ。

何でも良いから話すクセを付ける

上手く話せないことを気にして、自分から積極的に声を出さない人がいます。でも、そんなことをしていては、いつまでも会話が上達することはありません。とにかく、話す回数が増えなければ、話し上手になることは出来ないわけです。

なので、言いたいことがあるなら、ちゃんと言葉に出すクセを付けましょう。言わない後悔よりも、言った後悔のほうがマシです。場数を踏むことで、かなり変わってくるはずですよ。

絶対的な解決法などない

話し上手になるための、絶対的な法則などはありません。そもそも、話ベタになる原因は、人によって全く異なっています。なので、それに合った対処法をしなければ、話し方が上達するなんてありえないわけです。

なので、一つのやり方に固執してしまったり、数回の失敗だけで諦めるのは止めてくださいね。色々な方法を試していれば、いつしか解決されていくはずですよ。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする