会議やプレゼンで自分の発言力を高める方法

a6qsh

職場の会議やプレゼンなどで、発言する機会が与えられることがありますよね。そこで気のきいたことが言えなければ、職場での評価が下がってしまうことがあるので注意が必要です。

また、自分の意見を受け入れてもらうのも、容易なことではありません。しっかりと事前の準備をしておかないと、周囲を納得させることができないわけです。

さらに、質問の仕方を間違えると、高圧的な態度と思われる可能性もあります。気を付けることが多いですから、軽率な態度をすることの無いように気を付けてください。ここでは、会議やプレゼンでの発言の仕方について解説をします。

自分の意見を通すための秘訣

自分の発言を受け入れてもらうためには、しっかりとした準備が必要です。意識するべき事としては、以下の3つですね。

  • 分かりやすいか
  • 説得力があるか
  • 受け入れやすい雰囲気か

この3つを意識することで、自分の意見に賛同してもらいやすくなります。

メッセージを絞り込む

自分の言いたいことが多すぎると、非常に分かりにくい発言内容となってしまいます。なので、メッセージの主題は、最大でも3つ以内にした方が良いですね。そうすれば、聞き手の記憶に残りやすくなりますから、印象的な発言内容となるわけです。

そして、最初に結論から伝えるようにしましょう。

「私が言いたいことは3つあります。1つは○○。2つ目は●●。そして、最後が△△です。」

このような伝え方をすれば、何が言いたいのかが一目瞭然ですよね。聞き手が混乱することも無くなりますから、分かりやすい主張となります。

聞き手の反応を見る

自分の話に夢中になって、聞き手を無視してしまう人がいます。場の空気を読みながら発言をしないと、飽きられてしまう可能性が高いです。その場の状況によっては、アドリブを加えたりする臨機応変な対応が必要となりますね。

話ベタな人の特徴としては、自分勝手に話し続けてしまうということがあります。自分の話に夢中になって、相手を無視してしまっているパターンですね。こんな話し方をすると、誰だって退屈するのは当然でしょう。

引用:相手を退屈させない話し方のポイント

聞き手の顔色を見て、「話についてきているか」「興味を示しているか」と言ったことを確認しながら話すようにしてください。そうすれば、的外れな発言をすることも少なくなるはずです。

根拠を明確にする

何かを主張するときには、根拠が無くてはいけません。何も根拠が無いのであれば、単なる自分の願望となってしまいます。それだと、説得力がありませんから、明確な根拠を用意してください。

たとえば、公的機関のデータなどがあると良いですね。客観的なグラフなどがあれば、誰の目からも信憑性が明らかとなります。用意する根拠が多いほど、発言の説得力は増していくことになるわけです。

無根拠の発言が多いと、責任感の無い人間だと思われるので注意してください。

決裁権を持つ人を把握しておく

会議やプレゼンにおいては、最終的に決定を下す人がいます。社長や部長などの役職を持っている人であることが多いですね。なので、誰が決裁者なのかを事前に把握しておくようにしましょう。

それが分かれば、自分の発言内容に関しても工夫をすることができます。決裁者が好むようなことを言うことで、納得してもらう可能性が高くなるわけです。

また、事前にコンタクトを取っておいて、関係性を築いておくことも大切ですね。こういった根回しなども、ビジネスマンには必要なことです。

会議・プレゼンで使えるテクニック

自分の発言の理解度を高めるためには、色々なスキルがあります。先述した方法ももちろんですが、もう少しテクニカル的な方法も存在します。これらを組み合わせることで、圧倒的に分かりやすくなりますから覚えておいてください。

自分の発言時には立ち上がる

座ったままで発言するよりも、立った方が注目されやすいです。また、声も通りやすくなりますから、大きな声でインパクトを与えることができます。少し恥ずかしいかもしれませんが、自分の存在感を示すことになるので、発言するときには立つようにしてください。

視覚効果を利用する

自分の声だけで説明しても、伝わり方には限界があります。なので、視覚効果を使って説明するのが効果的です。人は聴覚よりも視覚で得る情報の方が、圧倒的に多くなっています。そのため、資料を作成したり、パワーポイントのスライドを利用したり、ホワイトボードで説明したりといったことを行いましょう。

進行係になる

会議を進行する人がいなければ、自分が進行役になりましょう。そうすることで、その場のイニシアチブを取ることができます。自分の発言力も少し高くなるので、有利に会議を進めることができるわけです。積極性をアピールすることもできますから、メリットは多いと思います。

以上、会議で発言するときのポイントを紹介しました。参加人数が多くなるほど、自分の存在感は薄れてしまいます。なので、少しでも発言力を高められるように、色々な工夫をするようにしてください。そうすれば、周りからの評価も上がってくるはずです。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする