自分を売り込むための3つの秘訣とは?強力な自己アピールをマスターしよう

5yslp

面接や商談などで、自分を印象付けるのは難しいですよね。短い時間の中で的確に自分をアピールできなければ、覚えてもらうことはできません。ビジネスの場面では、自分の顔を売ることで結果に結びつくことが多いです。

また、プライベートであっても、人脈を広げるために自己アピールは必須だといえます。いつも影が薄いと思われてしまう人は、自分を売り込むための方法を知っておきましょう。そうすることで、コミュニケーションなども上手く進むようになります。

ここでは、自分を売り込むための秘訣を紹介します。

どんな印象を与えたいのか?

自分をアピールしようと思っても、具体的にどんな印象を与えたいのかを明確にしないといけません。何も考えずに口数だけを増やしたとしても、単に騒がしいだけの人だと思われてしまいます。だから、どのように自分を印象づけたいのかを考えてください。

たとえば、「責任感がある」「リーダーシップが取れる」「気配りができる」などと言ったことですね。仕事能力をアピールするなら、「Webデザインができる」「営業力が高い」「エクセルができる」などとがあります。

今後の仕事の先行きや付き合い方などを考えて、どんな印象を与えるべきなのかを考えます。目的意識を持って人と接するようにすれば、自分の思った通りのイメージを持ってもらえるはずです。

大切なことですから、覚えておいてください。

自分を売り込むときの3つの注意点

具体的なエピソードで語る

「私は責任感があります」といったとしても、あまり説得力がありませんよね。証拠が何もありませんから、口先だけだと思われてしまいます。自分のアピールに説得力を持たせるためには、具体的なエピソードを交えて話すことが効果的です。

たとえば、「学生時代のアルバイトで、シフト管理を担当していました。その際に、急なシフト変更の依頼でも、勤務外に残業をして対応するようにしていました。」といったエピソードですね。

こういった具体的な体験談を話せば、責任感が強い人間だというイメージを与えることができます。直接的にアピールするよりも効果的ですから、関連するエピソードをいくつか用意しておきましょう。

具体性があるほど良いので、5W1Hで考えるようにしてください。「誰が」「いつ」「どこで」「誰と」「どのように」といったことを説明できれば、自然と説得力も高くなるはずです。

相手に配慮したアピール内容にする

自分を売り込むときには、相手のことも考えないといけません。つまり、相手にどんな利点があるのかといったことです。「あなたのお役に立てますよ」といったことをアピールできれば、嫌でも相手は覚えてくれるでしょう。

具体的には、「営業力には自信があるので、売り上げアップに貢献できます」とか「リーダーシップがあるので、マネジメントは任せてください」といったことです。面接でこういったアピールをすれば、採用するメリットは明確ですよね。

また、プライベートであれば、「釣りが好きなんですよ」とか「ツーリングが趣味です」など、相手の趣向に合わせたアピールをすれば仲良くなりやすいです。なので、相手をしっかりと観察して、どういった自分つ像が求められているのかを考えてください。

さらに、ライバルとの差別化も重要です。面接で責任感をアピールしても、他の応募者で責任感が強い人材がいればインパクトがありません。なので、他人との違いを明確にしないといけないですね。自分の独自性を考えて、アピールできるようにしましょう。

他との差別化をするためには、自己分析をすることが重要です。自分の得意なことや苦手なこと、出来ることや出来ないことを整理してみてください。そうすれば、自分独自のアピールポイントが見えてくるはずです。

自分のことは意外と理解できていませんから、紙に書き出して自分の能力を視覚化します。色々なことが見えてくるはずなので、自分を知るための良いキッカケとなると思います。他には無い独自性が見つかれば、自分の強力な武器となるでしょう。

第一印象を大切にする

アピールする内容が明確であっても、第一印象が悪ければ意味がありません。なので、服装や髪形、姿勢や表情などを清潔感のあるようにしてください。話す内容以外にも、トータルの雰囲気で印象は決まります。

非言語コミュニケーションは、会話において重要な要素ですから忘れてはいけません。

非言語コミュニケーションとは、声や表情、態度や姿勢など、話の内容以外の部分を指します。実は、何を話すかというよりも、その人の雰囲気の方が印象を決めるのに大きな要素と言えます。

引用:好印象を与えるための表情・仕草とは?

なので、自分が印象づけたいイメージを与えられるように、見られ方を意識するようにしましょう。自分をプロデュースすることを意識すれば、良い印象を与えられると思います。

以上、自分を売り込むための方法を紹介しました。仕事やプライベートに関わらず、顔を覚えてもらうことは大切です。人脈を広げることにも繋がりますから、適切なアピール方法を知っておくようにしてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする