好きな人を振り向かせるための会話術

6f3vq

学校や職場に好きな人がいた場合、その人と仲良くなりたいと思いますよね。しかし、思うように自分をアピールすることができないと、いつまでたっても親密な関係になることはできません。

ただ、焦って話しかけてしまったら、すぐに沈黙して気まずい雰囲気となってしまう可能性もあります。ですから、よく考えてから話しかけるようにしましょう。上手く話を弾ませることができれば、自分に対して好意を抱いてくれるはずです。

ここでは、好きな人を振り向かせる会話術を紹介します。

相手をウンザリさせるダメな話し方

まずは、ダメな話し方から知っておきましょう。ダメな例を知っておけば、反面教師として同じ過ちはしないようになるはずです。

相手の興味の無い話をする

これは、ありがちなケースですね。自分の好きな話ばかりし過ぎて、相手を無視してしまうパターンです。興味の無い話を聞かされるのは、誰だって苦痛に感じてしまいます。だから、相手の興味を知ったうえで、話題を選ぶ必要があるというわけです。

あらかじめ相手の興味が分かっているなら、それについての話題を調べておくのが有効です。ある程度の知識があると、相手の好きな話題に合わせることができます。ですから、下調べを欠かさないようにしてください。

ただ、出会って間もない頃だと、相手の興味を知ることができませんよね。そういった場合には、その人の服装や持ち物などを見ると良いでしょう。持っているカバンやアクセサリーなどを話題にすれば、話を弾ませることができるはずです。

さらに、お互いの共通点などがあると、会話を弾ませることができます。相手に色々な質問をして、自分との共通点を探してみてください。出身地や好きなものなどの共通点があると、一気に距離感を近づけることができるでしょう。

相手との距離を縮めたい場合は、共通の話題を選ぶことが大切です。たとえば、趣味であったり、出身地であったり、好きな食べ物であったりなどですね。お互いの共通点などがあれば、親近感が湧きますので距離感がグッと近づきます。さらに、話も弾みやすいですから、かなり効果的なわけです。

引用:人と上手に話すためのコツとは何か?

自分の話ばかりする

自分のことを知ってもらおうとして、一方的に自分の情報ばかりを伝える人がいます。自己アピールに必死なのは分かりますが、もうちょっと相手に配慮しないといけません。そもそも、相手は自分に対して興味を持っていないのです。

だから、一方的に話し続けるのは止めましょう。会話はお互いに楽しまないと意味がありませんから、双方向のコミュニケーションを意識してください。順番に言葉のキャッチボールをすることができれば、相手は退屈することはありません。なので、楽しい会話をすることができるはずです。

好きな人を振り向かせるための会話術

相手を会話に参加させる

先述したように、会話とは双方向に行うものです。なので、自分だけが一方的に話し続けることの無いようにしてください。相手に楽しんでもらうためには、会話をしながらワクワクしてもらう必要があります。

ですから、相手にもたくさん話をさせてあげましょう。その方が相手の趣味・趣向を知ることができるので、会話を弾ませやすくなりますね。相手が何に対して興味を持っているのかを探りながら、会話を進めるようにしてください。

例えば、相手がディズニーのボールペンを持っていたとします。その時に、「ディズニー好きなの?」と聞いてみてください。すると、「そうなの。この前もディズニーランドへ行ってきて・・・。」という風に楽しく話してくれるかもしれません。

このように、話が弾みやすくなりますので、相手に話してもらうということは大切です。だから、決して一方通行の会話にならないように気を付けてください。

相手から話を引き出す

人は誰でも、自分の話を聞いてもらいたいと思っています。自分の話を聞いてもらうことで、承認欲求を満たそうとするわけですね。なので、自分が話さなくても、相手の話を聞き続けるだけで好印象を与えることができます。

話ベタであっても、上手に会話をすることは出来ます。相手の話を聞くことに集中していれば、それだけで会話は弾むんですね。なぜなら、人は誰でも自分の話を聞いてもらいたいと思っているからです。

引用:相手に好印象を与えることができる上手な話の聞き方とは?

ですから、自分の話をするよりも、相手から話を引き出すことに集中してみてください。何か言いたいことがあっても、グッとこらえて相手の話を聞くことにフォーカスします。楽しそうに話を聞くことを意識すれば、相手は気持ち良くなってくれるはずです。

聞き上手な印象を与えることができると、それ以降も話しかけてもらえる可能性が高くなります。好きな人と仲良くなれる可能性が高くなるので、覚えておくようにしましょう。

相手を褒める

褒められることで、嫌がる人はいません。なので、積極的に相手を褒めるようにしましょう。ただ、思ってもいないのに口先だけで褒めるのは、単なるお世辞だと捉えられます。逆に気を悪くする可能性がありますから、十分に注意してください。

ポイントとしては、具体的に褒めるということです。「その服、カワイイね」というよりも、「そのスカート、フリルがカワイイね。」といった方が喜ばれます。ちゃんと見てくれているという印象を与えれるので、信憑性が高くなるわけですね。

しっかりと相手を観察して、本気で褒めることを意識しましょう。効果的なのは、具体的に褒めるということです。褒める部分が具体的であるほど、信憑性が高くなります。たとえば、「最近、頑張ってるね」というよりも、「いつも遅くまで残業してるし、頑張ってるね」と言った方が信憑性があります。

引用:部下のモチベーションを高めるための上手な褒め方とは?

的確に褒めるためには、しっかりと相手を観察しなくてはいけません。ボーっと見ているだけでは、褒めるポイントが見つからないはずです。なので、頭のてっぺんから足の先まで、まんべんなく観察するようにしましょう。

感謝と気遣いを忘れない

相手に対して、感謝と気遣いを忘れないようにしましょう。人は誰でも、自分のことを気にかけてくれる人に好感を持ちます。特に、自分のことを認めてくれたり、心配してくれた人に対して好印象を持ちやすいですね。なので、日常の会話においても、感謝と気遣いを示すようにしてください。

「おはよう。昨日は楽しかったよ。ありがとう!」

飲み会の次の日などに、こういった言葉を掛けてあげてください。ただ一緒にお酒を飲んだだけですが、感謝の気持ちを伝えることで相手は気持ち良くなるはずです。こういった一言を言える人は少ないので、強烈に印象に残ると思います。

「おはよう。昨日は楽しかったよ。ありがとう!夜遅くなったけど、ちゃんと帰れた?」

また、相手に対する気遣いとして、「夜遅くなったけど、ちゃんと帰れた?」という一言を加えるとベストですね。相手からすると、自分のことを心配してくれて嬉しいと感じるはずです。このような気遣いができる人は、誰からも好かれやすくなるでしょう。

以上、好きな人を振り向かせる会話術を紹介しました。会話というのは積み重ねですから、頻繁に会話をして少しずつ好感度を高めるようにしてください。一朝一夕で親密になることは難しいですから、時間を掛けて長い目で考えるようにしましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする