新人や部下を叱る時に注意するべき事とは?

7ujq7

仕事をしていると、新人や部下の人間がミスをすることがありますよね。上司や先輩の立場としては、そういった時に叱らなくてはいけません。でも、怒りに任せて声を荒げてしまうと、相手は落ち込んでしまいますし、自分のパワーも使います。

なので、できる限り優しく叱る方法を知っておくと良いでしょう。そうすることで、部下のモチベーションが下がることがありませんし、仕事上での連携も上手くいくはずです。人間関係が大切ですから、相手のことを考えた叱り方をすることが大切だといえますね。

ここでは、新人や部下を優しく叱るための秘訣を紹介します。

効果的な叱り方のコツ

初めてのミスの場合

人は誰でも、ミスをすることはあります。なので、1度ミスを犯しても、それを繰り返さなければ問題はありません。しかし、厄介なのがミスをしたことに気付いていないケースです。ミスをしたことを自覚していなければ、また同じ失敗をする可能性があります。

なので、本人に気付かせてあげて、改善できるようにしなくてはいけません。気付かせるときのコツとしては、「なぜそれがダメなのか」という理由を明確にすることです。結果だけを注意したとしても、本人には事の重大さが伝わらないわけですね。

ですから、「このミスをすると、○○万円の損害に繋がる」などと、具体的に伝えるようにしましょう。そうすることで、本人の中に緊張感が生まれますので、同じミスを繰り返しにくくなるというわけです。

同じミスを繰り返す場合

どれだけ注意をしても、同じミスを繰り返す人がいます。『仏の顔は3度まで』と言いますが、4回以上同じ失敗を繰り返したのなら強い口調で叱る必要があるかもしれません。ただし、その時に感情的な言葉を使わないように注意してください。

感情的に声を荒げてしまうと、部下は委縮してしまいます。そうすると、ミスをするのが怖くなってしまって、消極的な行動しかできなくなるわけです。それだと悪循環になってしまうので、落ち着いたトーンで叱る必要がありますね。

たとえば、「話があるんだけど」と言って、静かな場所へ呼び出します。これだけで、相手は緊張しますよね。そこで、「これ以上のミスを繰り返すなら、○○などの措置が必要になるかもしれない」といった内容を伝えることが効果的です。

異動や解雇などの可能性を伝えれば、慎重に行動してくれるでしょう。淡々とした口調で話すのが効果的なので、怒鳴り散らすなどの行為は控えるようにしてください。

必ずフォローを入れる

相手を叱った後は、必ずフォローを入れてください。叱りっぱなしだと落ち込んでしまうかもしれませんし、人間関係に溝が生じる可能性があります。なので、「君のために注意したんだから」「これを直せば何も問題ないよ」など、フォローの言葉を入れるようにしましょう。

また、積極的に良い所を褒めるのも良いです。

  • たまにミスするけど、毎日遅くまで残業してるのは偉いね。
  • 毎朝元気よく挨拶するのは、素晴らしいね。

適度に相手を褒めることで、ちゃんと見ているという印象を与えることができます。承認欲求を満たすことができますから、積極的に褒めるようにしたいですね。

さらに、仕事が終わった後に、飲みに行ったりするのも良いですね。お酒の席でコミュニケーションを図ることで、親睦を深めることができます。新人や部下の悩みを聞くことができたりするので、相談に乗ることで上司としての威厳を保つことも可能です。

叱るときの注意点

上記で解説した方法で叱れば問題ないですが、注意点もあります。仲の良い部下や気に入っている新人などに対して、対応が甘くなったりしないようにしましょう。やはり人間ですから、人によって好き嫌いがあります。

自分では気が付かないうちに、仲の良い人に対しては優しく接して、あまり気に入らない人に対しては厳しく接してしまうかもしれません。そんな不公平な態度だと、叱ったとしても全く説得力が無くなってしまいます。

なので、自分を客観的に見つめ直してみて、人によって対応に差が無いかどうか注意してください。誰にでも平等に接していることで、上司としての信頼を高めることができるはずです。

以上、新人や部下を優しく叱るためのコツを紹介しました。人を叱るときには気が滅入ると思いますが、適切な叱り方をすれば誰も傷つけることはありません。なので、部下や後輩がいる人は、覚えておくと良いでしょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする