飲み会の会話が苦手なのを克服するためには?

cmhhh

飲み会が苦手な人って、すごく多いですよね。人見知りで引っ込み思案の人は、周りと一緒に盛り上がることができません。なので、一人だけ輪の中に入ることが出来ずに、孤立してしまうことが多いと思います。話題が合わなければ、一緒に盛り上がることが出来ないといったことにもなってしまいます。

こんなことを繰り返していると、苦手意識がどんどん強くなってしまって、飲み会がトラウマになってしまいがちです。そうなると、自分から話しかけることが怖くなります。何か質問をしようとしても、「こんなこと聞いて大丈夫かな?」などと思ってしまうわけです。

また、自分に興味のない話をするのも、ストレスとなってしまいますよね。とりあえず場をつなごうとして、相手の興味がありそうな話題を振ったりするのも、苦痛に感じるでしょう。自分が話したくない話題は、面白くありませんからね。

こういった理由で飲み会が嫌なのであれば、自分の接し方を変える必要があると思います。方法としては、深く考えすぎないことが大切ですね。お酒の場というのは、意味の無いことで盛り上がって楽しむ場です。だから、考えすぎても何の価値もないわけです。

ですから、何も考えずに場を楽しんで会話を心がけることが重要ですね。お酒の勢い任せて、言いたいことを言ってみればいいんです。少しくらい開き直って会話した方が、上手くいくことが多いです。なので、深く考えることをせずに、その場を楽しむことを意識してみましょう。

飲み会での最適な話し方の作法とは?

あまり知らない人と話すときの会話

社内の飲み会では、他部署や他チームの人と同席になることがあります。ほとんど初対面に近い人と向い合わせになる場合もあるので、何を話せばいいのかで困ってしまいますよね。同じ職場だと共通点として仕事の話になりがちですが、飲みの席で仕事の話をすると堅苦しいイメージとなってしまいます。

なので、当たり障りのないプライベートな話をしてください。相手が答えやすい身近な質問をすることで、話が弾みやすくなります。相手の興味を探れば、そこから話を広げることもできるでしょう。

雑談で話すべき話題は、誰でも興味を持てる内容で話を広げやすいものが好ましいです。具体的には、「天気」や「ニュース」、「美容・健康」や「衣食住」、「趣味」などが良いですね。こういった話題であれば、誰でも答えやすいですし、比較的話も広げやすいはずです。

引用:初対面でも苦にならない雑談力が上がる話し方とは?

どうしても話題が思いつかないなら、目の前の料理やお酒をネタにするのが良いです。「普段から飲まれるんですか?」とか「豪華な料理ですね。何か好きなものはありますか?」といった感じですね。

話のキッカケ作りに最適ですし、自然に話し始めることができるでしょう。

距離感を縮めたいときの会話

職場の飲み会は、上司や先輩、同僚などとの親睦を深めるのに最適の場所です。仕事中は忙しくて仲良くなれなくても、飲みの席を利用すれば親しくなれると思います。そこでの会話の仕方としては、自分をさらけ出すということが大切ですね。

自分のプライベートを開示することで、親近感を持ってもらうことができます。おススメなのが、過去の失敗談などを話すことです。自分のダメなところをさらけ出すことで、一気に親近感が増します。

全てにおいて完璧な人よりも、少し欠点がある方が人間味があるからですね。ですから、恥ずかしがらずに自分を出すということが大切です。ただし、相手が引くような失敗談は止めておきましょう。たとえば、軽犯罪での補導歴など反社会的な失敗談を話すと、印象が悪くなってしまいます。

失敗談を話して場が和んだら、相手にも話を振ってください。会話のキャッチボールを成立させれば、自然と相手と打ち解けることができるでしょう。

飲み会でのタブーな行為とは?

ネガティブな発言をする

お酒が入ると、愚痴や悪口などのネガティブな発言が増える人がいます。社内の人間がいる前でネガティブな発言をすると、印象が悪くなってしまいますよね。特に、本人のいる前で悪口などを言ってしまうと、口論になってしまう可能性があります。

さらに、自分の評価に対する不満なども、飲みの席で言うことではありません。みんなで楽しく飲んでいるので、場の空気を壊すようなことは言わないでください。

また、そのお店の雰囲気や料理に対する悪口も避けたいですね。自分の人間性を疑われてしまうかもしれないので、発言内容には注意が必要となります。

破天荒アピール

先述したように、自分のプライベートを開示するのは、距離感を縮めるのに有効な方法です。しかし、過去の武勇伝や大げさな失敗談を話してしまうと、周りから敬遠されることがあります。

たとえば、ケンカ自慢や犯罪歴、下ネタなどと言ったことですね。和気アイアイと飲んでいるわけですから、周りに配慮した話題を選択しましょう。武勇伝アピールが許されるのは、学生時代までです。社会人になってそんな話をしていると、低レベルの人間だと思われるので気を付けてください。

度を過ぎた無礼講

お酒の席では、上司や先輩から「今日は無礼講だよ」と言われることがあります。これは、堅苦しくなく楽しく飲もうという意味であって、失礼が許されるということではありません。なので、言葉を真に受けてしまって、過剰に馴れ馴れしくすると相手の気を悪くしてしまいます。

どんな時でも上司や先輩は立てないといけませんし、社会人としてのマナーを忘れないでください。お酒が入ったとしても、謙虚な態度を忘れないことが大切です。

飲み会は自分をアピールするチャンス

新入社員だと、会社の飲み会を嫌がる人が多いですよね。しかし、飲みの席を上手く活用すれば、上司からの信頼を得ることができます。「社内営業」という言葉があるように、自分を積極的に売り込むことは大切です。

飲みの席では気持ちが緩むので、その人の本性が出ることがあります。ここで自分の人間性を示すことができれば、高い評価を得ることができるでしょう。

なので、さりげなく仕事に対する思いや日頃の努力などを上司に伝えるようにしてください。たとえば、資格取得のために勉強しているとか、将来の夢などを語るわけです。自分の誠実さを伝えることで、好印象を与えることができます。

なので、飲み会を積極的に利用して、自分を売り込んでいきましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする