上手な近所付き合いをする秘訣

7h16v

最近は、近所付き合いがすごく減ってきていますよね。特に、都心では近所付き合いをしている人は、3割程度しかいないようです。隣の人の顔すら知らなかったり、会っても挨拶もしないという人が、かなりいるわけです。

隣人トラブルなどもありますからね。出来るかぎり近所の人と接したくないと思うのは、仕方のないことかもしれません。一方的に押し付けがましく接する人がいたり、非常識な対応をする人などもいるようです。また、町内会の集まりなどで、余計な時間を取られるのも億劫ですね。

しかし、近所付き合いをすることで、メリットもあるんです。情報交換が出来たり、緊急時に助け合ったりすることができることですね。スーパーなどのお買い得情報を知ることが出来るかもしれませんし、近くで不審者などがいた場合には情報を共有できます。他にも、大きな災害があった時などは、近所同士で助け合いをすることで身を守ることが出来ます。

また、近所付き合いをすることで、子供にとっては家族以外の人と接することが出来る絶好の機会となります。子供のうちは人見知りをしてしまって、知らない人との接近を凄く怖がります。でも、これを改善しておかないと社会に出てから苦労することになります。

なので、子供の自立心を高めて社交性を磨くために、近所付き合いはかなりメリットとなるわけですね。しかも、子供は社会的な能力の基本を親の行動を真似て習得すると言われています。親が近所の人と仲良くしていることで、子供も自然とコミュニケーションをしようと意識し始めるわけです。

このように、近所の人と付き合うことでメリットは多いですから、少しくらいはかかわりを増やした方が良いのかもしれません。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする