気の合う友達の作り方について

cbgm9

友達関係のコミュニケーションは、非常に大切ですよね。馴染みの深い関係であれば、冗談を言い合ったり悩みを相談したりすることができます。自分の心の支えとなってくれることもありますから、友達はすごく大切な存在です。

でも、ちょっとしたことで、関係性が崩れてしまうことがあります。些細なすれ違いであったり、考え方のズレであったりですね。そして、それがキッカケで疎遠になってしまったというケースも非常に多いでしょう。そういったことで友達を失わないためにも、適切なコミュニケーションが取れるように意識しないといけません。

大切なこととしては、「空気を読む」ということですね。空気を読むとは、場に合った行動をするという意味です。笑い話をして盛り上がる場があれば、真剣に話し合う場もあるでしょう。そういった状況を判断しつつ、その場に合った言動をしないといけません。

もしも、その場に合わない発言をしてしまったら、それは不謹慎な発言となってしまう可能性があります。よく、政治家や有名人がメディアで謝罪をしていますよね。大の大人でも、そういった間違いをするわけですから、普段から気を付けておく必要があるわけです。

また、相手との関係性も非常に大切です。幼馴染であったり、会社の同僚であったり、先輩・後輩であったり、人によって関係性は全く異なります。なので、その関係性に合った対応をする必要がありますね。気軽に冗談を言い合える仲なのか、関係性が薄いのかで全く違ってきますから。

こういったことに気を付けることが、空気を読むという行為です。その場の状況を判断して、適切に対応できるように心掛けましょう。時には、ウソをつく必要があるかもしれませんし、相手を叱る必要があるかもしれません。

状況によって、対応を考えるようにしてください。そうすれば、友達との関係性は上手くいくはずですよ。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする