人見知りでも交流会やパーティーを乗り切る秘訣とは?

x4z2x

社会人になると、色々な集まりに参加する機会が増えます。結婚式の二次会や取引先の接待、交流会、パーティーなどがありますね。人付き合いが上手い人は問題なく立ち振る舞いが出来るのでしょうが、人見知りの人にとっては地獄の時間となります。

初対面の人が多く集まる場所では、自分だけ孤立してしまうこともあるので注意が必要ですね。恥ずかしい思いをしないためにも、人が集まる場所での振る舞い方を知っておくと良いでしょう。人見知りでも上手く乗り切ることは出来るので、覚えておいてください。

ここでは、人見知りの人のイベントでの振る舞い方を紹介します。

人見知りでも恥をかかない振る舞い方

一人になっても焦らない

人見知りの人が最も恐れていることとして、一人で孤立してしまう状況がありますよね。周りの人たちはグループができているのに、自分だけが取り残されてしまうと焦ってしまうと思います。周りの人からも白い目で見られているような気がするので、その場にいたくないという気持ちになってしまうでしょう。

しかし、仮に一人になってしまっても、焦らないようにしてください。周りが知らない人ばかりの状況であれば、孤立してしまうのも不思議ではありません。ここで卑屈になってしまったら、自分の殻に閉じこもってしまって周りと会話ができない状態となります。

ですから、孤立した状態だとしても、堂々と振る舞うことが大切ですね。そうすれば、変にプレッシャーを感じることも無くなりますし、居心地が悪くなることもありません。フラットな気持ちで行動できるようになりますから、非常に大切なことだといえます。

同じ境遇の人を探す

交流会やパーティーなどに参加すると、自分以外にも必ず孤立している人が見つかるはずです。日本人の多くは人見知りですから、ほとんどの人が自分から他人に話しかけられないわけですね。なので、自分と同じ境遇の人がいないかどうか探すようにしてください。

そういった人が見つかれば、気軽に話しかけることができます。「人見知りだから、こういう場所は苦手なんですよ」といった話をすると、きっと盛り上がるはずです。同じ境遇の人同士だと、共感し合えるので話が弾むわけですね。あとは、イベントが終わるまで、その人と会話をしていれば問題ありません。

一人としか会話をしないのは勿体ないと思うかもしれませんが、色々な人と名刺交換をしても関係性は生まれにくいです。結局は、その場で少し会話しただけで、二度と会わないということがほとんどなわけですね。ですから、少ない人と深く話す方が効率が良いと思います。

イベントのスタッフと会話する

自分以外に孤立している人がいなければ、そのイベントのスタッフに話しかけてみましょう。スタッフの人は、準備の際には忙しいですが、イベントの最中はヒマをしていることが多いです。なので、話しかけることで意外と話が弾む場合があります。

イベントの目的や今後のスケジュールなどを質問すると、それだけで長く会話をすることができるでしょう。「今日はどういった業種の方が参加してるんですか?」「次のイベントはいつですか?」などの質問をすれば、それだけで間を持たせることができます。

また、話が合いそうな人を紹介してくれることもあるので、孤立するのを防ぐことができるかもしれません。他のグループの輪に入れてもらえる可能性がありますから、スタッフの力を借りるのはおススメだといえます。

携帯やスマホを見ない

一人でやることが無いと、携帯やスマホをいじってしまいがちですよね。ボーっとしているよりも、何かをしている方が気が紛れるからです。傍から見ても、孤独なイメージを持たれにくいと思うでしょう。

しかし、イベントに参加している最中は、携帯やスマホに手を出してはいけません。なぜなら、周りの人が話しかけにくい雰囲気となってしまうからです。また、周りの人が見えなくなるので、自分から話しかけるチャンスを失ってしまうことにもなります。

なので、ますます孤立をしてしまって、他のグループに入っていけなくなるわけです。ですから、イベント中は周りの人に目を向けて、会話に参加できるチャンスが無いかを探るようにしてください。

話を聞くことに集中する

自分から他人に話しかけることができない人は、面白い話が出来ないからと引っ込み思案になっている場合が多いです。せっかく話しかけても、場がシラけるのではないかと不安になってしまって、話しかけることができないわけですね。

そういった時には、相手の話を聞くことに集中してください。人は誰でも、自分の話を聞いてもらいたいと思っています。だから、自分が話さなくても、相手に話してもらうだけで会話を盛り上げることができるわけです。

まずは、相手に対する興味を持つことから始めましょう。ちゃんと相手の話に興味を持っていれば、自然と色々なことを聞きたくなるはずです。意識しなくても質問が浮かんでくるので、話に困ってしまうことはありません。

引用:聞き上手を極めるためのテクニックとは?

また、自分から何か質問をすることで、相手からも質問を返してくれるようになります。だから、聞き役に徹するようにすれば、自然と会話のキャッチボールが成立するわけですね。自分から積極的に会話をしなくても良いので、楽な気持ちで話しかけるようにしてください。

実際、初対面であれば、相手は優しく接してくれるはずです。なので、変にプレッシャーを感じなくても、会話は成立すると思います。

以上、人見知りでも交流会やパーティーを乗り切る秘訣を紹介しました。知らない人が苦手であっても、その場で会話を弾ませることは可能です。なので、あまり緊張するのではなくて、気楽に人と接することを意識してみてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする