うつ病の治し方について

yadju

最近は、うつ病で悩んでいる人がすごく増えてきましたよね。日本では年間で3万人以上の自殺者がいるようですが、その原因の多くは、うつ病だというデータもあります。人の命を奪いかねない深刻な病気ですから、注意をしないといけません。

でも、うつ病に対する世間的な理解が薄いことが問題としてあります。単純に気が抜けているだけとか、やる気がないと判断されがちだからですね。病気であるという認識が、世間ではほとんどありません。

しかし、うつ病は、れっきとした病気です。

具体的な症状としては、「気分が極度に落ち込み、何に対しても無気力になり、体が怠くなったりして日常生活に影響が出るような状態」ですね。もちろん、症状には個人差があるので、少し気分が落ち込むような軽いものから、命に関わるような重大なものまであります。

ただ、これほど患者が多いにも関わらず、ハッキリとした原因が分かっていません。うつ病は、本人でなければ、どのような感情か判断できないので、客観的な診断が難しいからですね。あるうつ病患者の方は、気持ちが落ちて胸が苦しくなって、そんな状態が何日も何か月も続いていたそうです。

また、一般的に言われているうつ病の症状は、以下の通りとなっています。

  • 強烈なうつ気分
  • 興味や喜びが失われる
  • 食欲の減退
  • 睡眠の不足
  • 精神運動の焦燥
  • 気力の減退
  • 強い罪悪感
  • 集中力の低下
  • 死への衝動

上記のような症状が現れたら、要注意だと思いますね。自覚症状がある人は、病院で詳しい診察を受けた方が良いかもしれません。

うつ病は、人と話す機会が少なかったりコミュニケーション能力が低い人が、かかりやすい傾向にあるようです。なので、人見知りからうつ病にかかってしまう可能性もあるわけです。

ですので、人と接する機会を増やすことが、予防法の一つだといえますね。人見知りの人は、十分に気を付けておくべき病気なので、注意しておいてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする