対人恐怖症の治し方について

shirr

対人恐怖症は、人前に立つと緊張したり汗が止まらないといった症状が起きる病気のことです。強迫性障害に属していて、日本人に多くみられますね。具体的な症状としては、緊張して声がどもってしまったり、顔が赤くなったり、震えや汗が止まらなくなったりといったことがあります。

日本人は、昔から和を重んじる民族です。集団生活の中で、とにかく空気を乱さないことが美徳だとされてきましたから、他人から嫌われることを極端に恐れます。村八分という言葉があるように、集団から孤立することは死の宣告と同じだということです。

このような、他人から嫌われたくないという心理が強すぎて、人前に立っただけで緊張したりする対人恐怖症になってしまう人が多いわけですね。また、統合失調症や社会不安障害なども、根本的には対人恐怖症の一種だと言われています。

治療方法としては、薬物療法が主流となっています。ただ、薬を飲んだとしても、症状を一時的に抑えているだけですから、根本的な治療にはなりません。やはり、自分自身が変わらなければ、病気を克服することは難しいです。

また、病院によっては、うつ病だと診断されることもあるので、医師によって判断が分かれることも問題視されています。悪いケースだと、単なる人見知りだと思われることもあるくらいですから、専門的な知識のある医者に診てもらうことをおススメします。

心の病気は、客観的な判断が難しいですから、有力な医師を見つけることが重要です。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする