会話の苦手意識を克服する方法とは?

yp85e

人見知りの人は、総じて会話が苦手な傾向が強いですね。人前に立つだけで頭が真っ白になってしまったり、緊張してどもってしまう人も多いです。そもそも、人と話す機会が少ないですから、いつまでたっても会話が上手くならないという理由もあると思います。

では、どうすれば会話に対する苦手意識を、克服することが出来るでしょうか?

その秘密を紹介していこうと思います。

まず、会話が苦手な人の持つ特徴としては、以下のようなものがあります。

  • 会話が続かない
  • 話が合わない
  • 会話することに恐怖がある

誰かに話しかけたとしても、会話が続かなかったり話が合わなかったりすると、それがトラウマになってしまいます。なので、会話をすること自体が怖くなってしまって、いつまでたっても苦手意識が無くならないといった状態になるわけですね。

このままだと、悪循環から一生抜け出すことが出来なくなります。なので、どこかで対処をしないといけないわけです。早めにやることに越したことはないですから、早急に対処するようにしてください。

会話の苦手意識を克服するには?

それでは、苦手意識を克服するための方法を紹介していこうと思います。まず意識をするべきこととしては、「自分だけのせいじゃない」ということです。会話が続かないのは自分が悪いからだと思い込んでしまうと、ますます話せなくなってしまいます。

実際、あなただけのせいじゃありません。会話は相手がいてこそ成り立つものですから、会話が続かないのであれば相手にも問題があるわけです。なので、自分一人で責任を感じる必要は全くありません。

会話ができない人は、全部自分で抱え込んでしまう傾向がありますから、それは止めておいた方が良いでしょう。余計なストレスをためる原因になりますし、良いことは何も無いと思います。

そして、次に大切なことは、「相手に興味を持つ」ということですね。会話が続かない人は、例外なく相手に興味を持っていません。だから、何も話すことが思いつかずに、すぐに会話が止まってしまうことになります。

  • 顔つきが明るいな。良いことがあったのかな?
  • この指輪カワイイ。どこで買ったんだろう?
  • ちょっと痩せたな。ダイエットしてるのかな?

上記のように、相手に興味を持てば、話したいことは色々と頭に浮かんでくるようになります。相手のことを観察するクセを付ければ、話題に困ることはありません。特に考える必要は無く、自然と頭に浮かぶようになりますよ。

なので、興味を持って相手を観察するようにしてください。日頃からそういう習慣を付けておくことが、何よりも大切になってきますよ。

また、どうしても緊張して、うまく話せないという人もいるかもしれません。頭が真っ白になって何も思いつかないという状況になる人も、少なくないかもしれませんね。でも、そういった状態であっても、ちゃんと対処すれば普通に話せるようになります。

コツとしては、「緊張するのは当たり前」だと思うことですね。緊張というのは生理現象ですから、自然と発生するものです。ベテランの講演家の人でも、人前で話すときには必ず緊張するそうです。これは、しょうがないことなんですね。

なので、無理に緊張を抑えようとするのではなくて、緊張は当たり前と思って開き直ることが大切です。自分にできることを、しっかりと行うようにしてください。そうすれば、いつの間にか上手く話せるようになっています。

実のところ、緊張を受け入れるようにすると、意外と普通に話せるものです。無理に抑えようとするから、余計に焦ってしまうわけですね。これは重要なので、覚えておくようにしましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする