緊張しても人前で堂々と話せるようになる方法

opor9

友達同士では普通に話せるのに、大勢の人前に立つと途端に緊張してしまう人は多いですよね。頭が真っ白になって何も話せなくなってしまうと、会議やプレゼンなどで自己主張ができなくなってしまいます。

社会に出ると人前で話す機会も増えますから、堂々と自己主張ができるように意識をしないといけません。人が大勢いるだけでオドオドするのは恥ずかしいですから、最低限普通のままでいられるようにしましょう。

ここでは、人前で話す際の秘訣を紹介します。

緊張するのは当たり前と思う

どれだけ場馴れしている人でも、大勢の聴衆がいれば緊張してしまいます。歌手の和田アキコさんも、自分のコンサートの前には全身が震えるほど緊張するようです。40年以上も芸能界のトップにいる人でも、緊張してしまうわけですね。

なので、一般人である私たちが緊張するのは当然です。大切なことは、緊張したとしても自分の言いたいことが発言できることです。ですから、緊張を体で感じながらも、話せるように工夫をしましょう。

おススメなのは、あらかじめリハーサルをすることですね。会議やプレゼンなどの前に、自分の言いたいことを紙にまとめて練習するわけです。全体の構成を理解していることで、頭が真っ白になっても対応できるようになります。

これなら、緊張しても人前で話すことができるでしょう。体で覚えられるように、前もってリハーサルを何度も行ってください。

また、「人前で話すときの緊張への対処法」も参考にすると良いでしょう。

人前で堂々と話す方法について

ハキハキと話す

人前に立った時には、第一声が重要となります。声の出し方によって、その人に自信があるかどうかが分かるからです。小さな声でボソボソ話していると、自信が無さそうに見えて信頼感がありません。

なので、会場の一番後ろの人にも届くように、大きな声を出すことが重要なわけです。もちろん、マイクがあれば小さな声でも聞こえますが、マイクに頼っていると声が弱くなってしまいます。

ですから、マイクが無かったとしても聞こえる音量で話すことが重要ですね。マイクを意識せずに、聴衆に向かって話しかけるようにしてください。

ゆっくりと話す

人前に立つと、緊張して早口になってしまう場合があります。話し方が早くなってしまうと、単純に聞き取りづらくなってしまいますね。そして、自信の無さが出てしまうので、聴衆に舐められてしまう可能性もあります。

落ち着きがない大人から抜け出すための話し方」でも紹介しましたが、会話の中には「間」があることが重要です。適度な間が無ければ理解しにくいですし、その人の印象も良くありません。沈黙があることは悪い事ではないので、意識的にゆっくり話す必要があります。

アイコンタクトを行う

話し方以外にも、視線の合わせ方も大切です。聴衆と目を合わせてアイコンタクトを行うことで、自分の言いたいことを伝えることができます。色々な方向へ目をやって、一人ひとりを目線を合わせるようにしましょう。

自分だけが一方的に話を続けても、言いたいことは伝わりません。なので、目を使ってコミュニケーションを行うことが大切なんですね。ずっと下を向いて話していると、自信が無いように思われてしまいます。なので、背筋を伸ばして視線を上げることで、堂々とした印象となるわけです。

ジェスチャーを行う

さらに、身振り手振りなどのジェスチャーも行ってください。声以外にも体全体で表現することで、理解度が飛躍的に高まります。「今からお伝えすることは3つあります」と言いながら、3本指を表したりということですね。

そうすれば、遠くにいる人にも何が言いたいのかが分かります。ジェスチャーは大きいほど分かりやすいですから、少し大げさにやっても良いかもしれません。身振り手振りを使った表現は大切なので、意識をしてみてください。

以上、人前で話すときの注意点を紹介しました。社会人でキャリアを重ねるほど、人前で話す機会が増えていきます。なので、どれだけ堂々と話せるかで、自分の評価が決まるといっても過言ではありません。重要性が高いですから、覚えておきましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする