交渉を有利に進めるためには人間関係が重要!

r0si5

人生においては、交渉の連続だといえます。家庭でのチャンネル争いから仕事での営業まで、毎日何かしらの交渉を行っていますよね。なので、交渉上手になっておくことで、人生を有意義に楽しむことができるはずです。

話し方や伝え方を変えるだけで、交渉の結果は大きく異なります。交渉が上手な人は、相手からYesを引き出す能力に長けているわけですね。ですから、その方法を知っておくことで、どんな交渉時にも自分の主張を通しやすくなるでしょう。

ここでは、交渉を成立させるための秘訣を紹介します。

人は感情で動く

他人を説得するための秘訣」でも紹介しましたが、交渉においては両者にメリットがある形で終わる必要があります。なので、どちらか一方が損をしたり、不快な思いをするのはダメだということです。

そのために、相手の感情の動きに注意してください。同じ結果だとしても、自分の言葉遣いで相手の反応は大きく変わります。些細なひと言で、相手の気を悪くしないように注意が必要だといえますね。

たとえば、仕事を頼むときに、以下のような言い方だとどうでしょうか。

A:「これやっといて」と無愛想に頼む
B:「お忙しい所、申し訳ありません。お手伝いして頂けますか?」と丁寧に頼む

明らかに、Bの方が印象が良いですね。人は感情で判断する生き物ですから、相手に与える印象を考えるようにしてください。本来なら引き受けてくれる状態でも、感じが悪ければ断られてしまうかもしれません。

日頃の人間関係を大切にしておく

結局のところ、交渉を上手く進めるためには、普段から良好な人間関係を作っておくことが重要です。色々なテクニックがありますが、最終的にはその人自身の器に関わってくるわけですね。なので、友達や同僚などと、マメにコミュニケーションを図っておいてください。

自分が誰かの頼みを引き受けるときにも、いつも無愛想な人と愛想よく好印象な人とでは反応が変わってくるはずです。テクニックに頼って人間関係を疎かにしている段階では、交渉で良い結果を生むことは出来ません。

あるデータによると、人は自分が知っている人間に対しては要求を受けやすいようです。一方、知らない人に対しては、協力的になりにくいという結果が出ています。初対面の人よりも、知り合いの人の頼みごとの方が引き受けやすいですよね。

なので、日頃から好感度を上げておいてください。

好感度を高めるためには?

毎日の行いによって、好感度は大きく変わってきます。これは、日々の積み重ねですから、周りの人に好かれやすくなる言動を心掛けるようにしましょう。

元気よく挨拶をする

挨拶は、コミュニケーションの基本ですよね。元気よく挨拶する習慣を付けておくことで、明るくて信頼できる人間という印象を与えることができます。また、相手よりも先に挨拶することを心掛けていれば、タイミングを逃すこともありません。

笑顔で人と接する

笑顔で話すようにすれば、それだけで印象が良くなります。無表情だと何を考えているのか分かりませんから、近づきにくいオーラが出てしまいますね。なので、広角を上げてニッコリと笑顔を見せるようにしてください。会社などでも、上司から好かれやすくなるはずです。

聞き上手になる

人はだれでも、自分の話をしたいと思っています。なので、相手の話を聞くことに集中してみてください。相手に対して熱心に興味を傾けることで、相手の感情は満たされていきます。自分の話を一方的にするのではなくて、聞くことに集中しましょう。

以上、交渉を有利に進めるための方法を紹介しました。人間関係は一朝一夕で作ることができませんので、日常的なコミュニケーションを欠かさないようにしてください。それを意識しておくことで、交渉事に強くなるでしょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする