まずは挨拶から始めよう

9yba7

人見知りを克服するためのステップとして、まずは挨拶から始めるようにしてください。毎朝、自分から周りの人に話しかけるようにしましょう。挨拶であれば、敷居が低いですし誰でもできると思います。こういったことから、慣れていくことが大切ですね。

いきなりうまく話そうと意識する人がいますけども、実際にそんなことは出来ません。最初からすぐに話せるのであれば、困ったりはしませんよね。だから、簡単なことから始めて、少しずつ上達していくことが大切なわけです。

たかが挨拶と思うかもしれませんが、ちゃんとやっている人は意外と少ないです。みんな適当にやりがちなんですね。「おいーっす」とか「おっす」みたいな、終わらせ方をしている人が多いでしょう。だから、あなたがしっかりと挨拶することで、周りからの印象は良くなります。ぜひ、やってみてください。

ポイントとしては、大きな声で元気よく言うということですね。相手から「えっ?何?」と、聞き返されるようではダメです。大きな声でハッキリと挨拶が出来るようにしてください。

また、挨拶をするタイミングが分からないという人もいるかもしれませんが、基本的にいつでも構いません。挨拶をしてはいけないタイミングなどはありませんから、気付いたときにいつでも挨拶をするようにしましょう。

これを毎日続けていることで、自分の経験値が上がっていきます。なので、自然と人と接することに慣れていくはずです。

  • 相手の目を見る
  • 大きな声を出す
  • 笑顔で話しかける

以上の3点を意識しながら、毎日挨拶してみてください。数か月後には、かなりの変化があると思いますよ。

挨拶の役割について

挨拶というのは、コミュニケーションのキッカケとなります。「おはよう。今日は良い天気だね。」と言えば、そこから会話を始めることができますよね。気軽に話しかけることができますし、相手に対する友好的な意思を示すことも可能です。

一方、自分から挨拶をしなければ、どう思われるでしょうか?「私って嫌われているのかな?」と思われてしまっても不思議ではありません。コミュニケーションの回数が少ないほど、その人とは疎遠になってしまいます。

だから、相手との繋がりを維持するためにも、挨拶は重要だというわけです。自分から積極的に挨拶をするだけで、人間関係が円滑になります。ですから、どれだけ面倒であっても、毎日の挨拶には手を抜かないようにしてください。

その場の空気を作るのも挨拶

単純に「おはよう」と声を掛けるだけでは、正しい挨拶とはいえません。満面の笑顔で「おはよう!」と言うのと、下を向いて無愛想に「おはよう」と言ったのでは、どちらが気持ちいいでしょうか?言うまでもなく、元気よく挨拶した方が良いですよね。

中途半端な挨拶だと、逆に相手を不快にさせてしまうので注意が必要です。どうせ声を掛けるのであれば、相手に気持ち良くなってもらうために元気良くすることを心掛けてください。

また、その場の状況に応じて挨拶の仕方を変えることも大切です。相手との関係性によっても、挨拶の仕方は微妙に変えた方が良いですね。

たとえば、友達や職場の同僚・部下であれば、にこやかに明るく挨拶する方が良いでしょう。自分から好意を示すことで、関係性が友好的になります。

そして、取引先の関係者などの場合には、丁寧にお辞儀をする必要があります。社会人としてのマナーが問われますから、常識さをアピールしなくてはいけません。笑顔を作りすぎると馴れ馴れしいと思われる可能性があるので、十分に注意しましょう。

また、職場の上司などの目上の人に対する挨拶なら、背筋を伸ばしてハキハキ声を出すことで、自分の積極性を示すこともできます。やる気やモチベーションの高い人間だと印象づけることができますから、自分の評価にも直結するはずです。

このように、自分の挨拶の仕方で、相手からの評価は大きく変わります。なので、その場の状況に合った挨拶ができるように心掛けてください。感情は伝染しますから、自分の元気が無ければ相手も気が滅入ってしまいます。そのため、できる限りポジティブな挨拶を意識するべきですね。

挨拶される側の返事も大切

自分から挨拶をする以外にも、相手から挨拶をされる場合もありますよね。この時にも、注意が必要となります。たとえば、相手が元気よく挨拶をしてくれたのに、無愛想な返事をしたらどうなるでしょうか。明らかに、相手からの印象は悪くなりますよね。

人は無視されたり、無愛想な対応をされたりすると不快感を抱きます。どれだけ仲が良かったとしても、不適切な対応をすると信頼関係が一気に崩れることがあります。なので、挨拶に対する返事にも気を付けなくてはいけません。

だから、誰かから挨拶をされたら、それ以上のテンションで返事をしてください。自分が挨拶をしたときに、「おはよう!今日も頑張ろうね!」と元気良く返事が返ってきたら嬉しいですよね。それだけで、気分が良くなるはずです。

ですから、挨拶は常に倍返しすることを意識してください。相手よりも元気良く返事をするだけで、印象は確実に良くなります。

以上、挨拶の重要性について解説をしました。毎日のように行うことですから、ちゃんと覚えておいてください。本気で挨拶をする人は少ないので、自分が意識をするだけで簡単に好印象を与えることができます。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする