失敗を恐れない意識が会話には大切

0ious

「こんなこと言ったら嫌われるかな」
「今話しかけたら失礼かも。。」

などと考えて、会話が出来ない人ってすごく多いですよね。失敗が怖いから、人と接触する機会がすごく少ないパターンです。これが習慣となってしまうと、どんどん人と話せなくなってしまいます。会話に対する恐怖心が募ってしまって、最終的には対人恐怖症になるケースもあるんです。

なので、一刻も早く対処しないといけないですね。まずやるべきこととしては、失敗の概念を捨てるということが大切です。「失敗したらどうしよう」と思ったとしても、実際にそれが起きることはほとんどありません。杞憂で終わることが、多いわけです。

ですから、そんなことは考えないようにしましょう。失敗などは気にせずに、どんどん行動をするようにしてください。起きる可能性が低いことに不安がるのは、消極的で全く意味がありません。もっと、前向きに考えて行動するべきです。

また、仮に失敗したとしても、そこから学びがあれば成長することが出来ます。失敗に対して後悔するのではなくて、成功の材料にするようにしてください。「失敗は成長の機会だ」と思っていれば、不安も少なくなるはずです。何事もプラスに考えるクセを付けてほしいですね。

ちなみに、自分のコンプレックスなども、プラスにすることが出来ますよ。たとえば、優柔不断な性格だとしたら、冷静で用心深いというメリットになります。他にも、注意力が低くてミスばかりするなら、細かいことは気にせずに行動するアクティブな性格だと言い換えることもできます。

つまり、心の持ち方次第で、どうにでもなるということです。どんなマイナスがあったとしても、考え方でプラスにすることが出来ます。なので、自分をプラスに変えて行動するようにしてください。そうすれば、失敗は怖くなくなるはずですよ。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする