人付き合いのストレスを減らすためのメンタル術

s3pt0

社会は人で成り立っているので、色々なストレスを感じてしまいますよね。人付き合いが苦手な人にとっては、ちょっとしたことで不満を溜めこんでしまって精神的に疲れてしまいがちです。それが続くと人を避けるようになるので、ますます人付き合いが苦手になってしまいます。

なので、ストレスを感じることの無いように、自分のメンタルを鍛えなくてはいけません。強い精神力を持っていることで、ストレスを感じることなく人と接することができるようになります。格段に社会生活を送りやすくなるので、覚えておいてください。

ここでは、メンタルを鍛える方法を紹介します。

ストレスに強いメンタルを作るための6つの秘訣

感情を一定に保つ

ストレスに弱い人は、少しの嫌なことがあっただけで落ち込んだりします。感情の起伏が激しいので、その落差によってメンタルが弱ってしまうわけですね。これを繰り返していると、うつ病や統合失調症などの原因となってしまいます。

出来るだけストレスを減らすためには、感情的にならないことが大切です。良いことがあった時でも、悪いことがあった時でも、常に一定のテンションを保つわけです。そうすることで、外部的な要因で精神状態が左右されることが無くなります。

特に、落ち込んでいるときには、何もかもが嫌になりがちです。だから、些細なことでもストレスを感じやすくなるわけですね。そうすると、どんどん悪循環にハマってしまうので良いことはありません。

しかし、感情が常に一定であれば、ストレスを感じにくい体質になるわけですね。ですから、小さなことで一喜一憂するのは止めて、冷静に落ち着いて行動するようにしてください。

常に幸せを求めない

人生は色々なことがあるので、良いことも悪いことも起こります。たまたま悪いことが連続で続くこともあるでしょう。これは当り前のことなので、悪いことがあっても落ち込まないようにしてください

常に幸せな人は存在していませんから、悪いことがあっても悲観的にならないことが大切です。良いことも悪いこともあるから、人生は楽しいのだと思います。なので、ネガティブな考えが浮かんだとしても、落ち込まないようにしましょう。

特に、人と話していると、嫌な言葉を投げかけられたりすることがあります。そこで自分を責めてしまったら、ますます悪い方向へ進んでしまいます。そうならないためにも、不幸な状態を受け入れる器の大きさが必要だといえますね。

他人との比較を止める

自分に対して劣等感を持っている人は、自分と他人を比較してしまっています。『隣の芝は青い』という諺があるように、他人のことはよく見えがちです。だから、他人との比較をしてしまうと、落ち込む可能性が高いわけですね。

なので、他人を見るのは止めて、自分の基準で行動してください。具体的には、過去の自分を今の自分を比較するわけです。今の自分が過去よりも成長しているのであれば、それは喜ぶべきことだといえます。

他人より劣っていたとしても、自分が成長していれば問題ありません。マイペースに進んでいくことで、いつか大きな結果に繋がるはずです。こういった考え方をすることで、無駄なことで落ち込む心配は無くなります。

自分を振り返る

たまには、自分の行動を振り返って反省することが大切です。自分の悪い所があれば、それを改善できるようにしなくてはいけません。感情を一定に保てたかどうか、他人との比較をしなかったかどうかなど、週に1度くらいは自分を振り返ってみましょう。

これを繰り返すことで、少しずつ成長することができるはずです。自分自身を客観視してみると、不要なことで落ち込んでいたり、無駄なことで悩んでいたりするのが分かると思います。そういった行動を無くすことができれば、メンタルを鍛えることができるので人間関係で落ち込むことはありません。

不要な人間関係は切り捨てる

色々な人と接していると、自分とは合わない人が出てくると思います。人間には相性がありますから、どうしても好きになれない人がいるのは当然です。そういった人とは、キッパリと関わりを止めてしまうことも大切ですね。

嫌な人と接していても、ストレスが溜まるだけです。仲良くなれるように努力しても改善できないならば、関わらないようにしましょう。職場などでどうしても離れなられない場合には、必要な時以外の接触は避けるようにしてください。

人間関係のストレスを減らすためには、ストレス環境を無くすということが大切です。これを心掛けていると、人付き合いが格段に楽になるでしょう。自分と会わない人はどこにでも存在するので、そういった人とは関わらないようにしましょう。

嫌なことはハッキリと断る

何かを頼まれると、断れない性格の人がいますよね。特に、人見知りの人だと気を遣う性格なので、嫌なことでも引き受けてしまったりします。これを繰り返していると、都合の良い人間だとして利用されてしまうかもしれません。

また、自分のストレスも溜まる一方ですから、毅然とした対応を取ることが大切です。ただ、頭ごなしに拒否すると印象が悪いので、ちゃんと理由を伝えるべきですね。「ごめん。○○だから無理なんだ。」という風に説明すると、相手は納得してくれると思います。

自分が損することを防ぐためにも、不当な依頼に関しては断るようにしてください。

上司や同僚からの無理な仕事を断るための秘訣とは?

以上、人付き合いのストレスを減らす方法を紹介しました。人間関係によるストレスは深刻ですから、しっかりと改善ができるようにしましょう。仕事やプライベートに関わらず、楽に人と接することができるようになるはずです。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする