会社で笑いを取るための面白いボケとは?

2sdcr

会社では、いつも周りの人を笑わせて人気がある人がいますよね。そういった人は上司からの評価も高い傾向にあるので、比較的早くに出世することができます。また、後輩からの指示も厚くなりますから、チームを持った時にも連携が上手くいくわけです。

なので、笑いのある会話ができることで、仕事にも良い影響を及ぼしてくれるわけですね。仕事も人間関係も両立させたいのであれば、人を楽しませるボケを知っておくと良いでしょう。いつでも他人を笑わせることができるようになると、社内でも人気者になれるはずです。

ここでは、会社で笑いを取るためのボケを紹介します。

社内で人気者になるためのボケとは?

ネガティブな意見に同調する

仕事でミスをしたりすると、上司から怒られますよね。また、同僚からも、少し見下されたりするかもしれません。ただ、それに正面から反発してしまうと、言い訳にしか聞こえませんし、ケンカになる可能性だってあります。

なので、ネガティブな意見をもらったら、それを笑いに変える工夫をしましょう。

相手:「お前、仕事遅いよな。」
自分:「確かに遅いかもね。いや、そんなことないだろ!!」

いわゆる、ノリツッコミというやつですね。これは、上手く活用することで笑いを取ることができます。ネガティブ意見を利用できれば、笑われる状態から笑わせる状態に変わります。自分が優位に立つことができるので、見下される心配はありません。

堂々と本音を語る

人には誰でも、本音と建前があります。仕事で「お客様のため」と言っていても、本音を言うと自分が儲けたいというのが正直なところですよね。ただ、本音を言ってしまったら上手くいかないので、建前でカモフラージュしているわけです。

しかし、逆に本音を全開で語ることで、笑いに変えることができます。

自分:「荷物持ってあげようか?」
相手:「ありがとう。助かるよ。」
自分:「いいって、好感度を上げたいだけだから。」

ポイントとしては、冗談っぽく言うことですね。本気の本音だと思われてしまったら、相手は引いてしまうかもしれません。だから、少し笑いながら冗談めかして言うようにしましょう。

急に態度を逆転させる

今までと態度を急に逆転させることで、そのギャップによって笑いを起こすことができます。落差があるほど笑いになりやすいですから、覚えておいてください。

自分:「今日はすごく良い天気だね。」
相手:「そうだね。気持ちいいね。」
自分:「あー、日焼け止め塗ってなかった!!」

先ほどとのギャップを大きくするためには、大げさなリアクションが必要となります。なので、ある程度の演技力が無いとダメですね。恥ずかしがりながらやったとしても、十分な酪酸を作ることはできないので気を付けてください。

ボケとツッコミを一人で行う

会話中に自分がボケると、相手がツッコミを入れてくれます。しかし、これは関係性ができている友達の場合のみで、あまり仲良くない人がツッコミを入れてくれることは少ないでしょう。なので、自分がボケてもスルーされる可能性があります。

それだとサブい空気が流れてしまうので、自分でツッコミを入れてみてください。

相手:「お昼ご飯は何食べる?」
自分:「ビールが飲みたいなぁ。・・・って昼から酒は無いよね。」

自分でツッコミを入れると、その時点で笑いが起きるので変な空気になりません。ここでも、ボケとツッコミのギャップが大切となります。落差が大きいほど笑いになりますので、テンションを切り替えることが重要な要素ですね。

第三者に話を振ってみる

同僚と二人で話しているときに、いきなり第三者に振ることで話に広がりを持たせることができます。予期せぬ返答が返ってくることもあるので、それで笑いにすることもできますね。

相手:「昨日のドラマ見た?」
自分:「見たよ。女優の○○がキレイだったね。ねぇ、Aさん!」
Aさん:「へ?」

色々な人に話題を振るようにすれば、それだけコミュニケーションの回数が増えます。なので、ボケるチャンスも多くなるということですから、笑いの機会も増えますよね。社内での人間関係を円滑にすることができるので、出来るだけ多くの人と話すようにしてください。

以上、会社で笑いを取るためのボケを紹介しました。周りの人を笑わせることができると、それだけ信頼関係を築きやすくなります。仕事も上手くいきやすくなるので、積極的に笑いを意識してみましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする