会話が面白くない人のダメな話し方の特徴とは?

zdgcf

面白い話のネタがあっても、それを話した時に全くウケないことがあります。ウケると思って期待している分、それが滑ってしまうとショックが大きいですよね。それは多くの場合、自分の話し方に問題があるはずです。

面白いネタを作る方法の通りにネタを作ったなら、大抵の場合で笑いは取れるでしょう。だから、それでも笑いが起きないというのは、自分に問題があるということですね。どれだけネタがしっかりしていても、話し方が悪ければ聞き手に共感されることはありません。

なので、自分の話し方を見つめ直してみてください。ここでは、面白くない話し方の典型例を紹介します。

面白くない話し方の4つの特徴

緊張してしまっている

普段から積極的に会話をしない人は、人前に立っただけで緊張してしまいます。そのため、表情が強張ってしまったり、「あー」「えー」などの余計な言葉が出てしまって、上手く話が伝わらなくなるわけです。

話のテンポも悪くなりますし、声が小さくなることもあります。だから、聞き取りにくくなってしまって、周りから良い反応が得られないということになります。話を途中で止めるわけにもいかないので、薄い反応のままで最後まで話さなくてはいけません。

これを克服するためには、普段から積極的に話すようにして慣れることが大切です。結局のところ、経験値が足りないから緊張してしまうわけです。だから、場数を踏むことで少しずつ体を慣らしていくことが大切ですね。

最初のうちは、思うように話せないと思います。しかし、それでも諦めずに回数をこなしていくと、次第に周りが見えるようになってくるはずです。人前でも緊張しなくなりますから、場数を踏むことを意識してください。

話の途中で笑ってしまう

面白く話そうとしてしまって、途中で笑いが入ってしまう人がいます。思い出し笑いをして、吹き出してしまうこともありますね。会話に自信が無い場合に、誘い笑いで面白くしようとするのかもしれません。

でも、途中で笑ってしまうと、聞き手は集中できなくなってしまいます。それだと、感情移入することができないので、話がウケることも少ないでしょう。もしも笑ったとしても、それは誘い笑いでつられてしまっただけで、会話の内容が面白かったわけではないですね。

これを改善するには、自分の話だけに集中することが大切です。相手に伝えようと意識をすれば、途中で笑ってしまうことはありません。余計な雑念が入ってしまうから、意味の無い笑いが入るわけですね。

ですから、普通の会話と同じように真顔で話す練習をしましょう。話す前に深呼吸をして、落ち着くと良いかもしれませんね。すごく重要なことですから、覚えておくようにしてください。

ハードルを上げすぎる

面白い話に興奮してしまうと、話す前にハードルを上げすぎる可能性があります。「すごく面白い話なんだけど!」などと言ってしまったら、聞き手の期待値は急上昇してしまいます。そうすると、ちょっとした話では笑わなくなってしまうわけです。

面白い話というのは、期待していない段階から予期せぬ結末があるから笑いが起きます。なので、面白い話というのを事前に伝えない方が良いわけですね。あくまでも普通の話だと装って、オチまで持っていくのがコツです。

なので、なるべく気持ちを煽るような言葉は言わないようにしましょう。「ちょっと聞いてくれる?」などと、悩み相談のように話しかけるのも良いですね。そうすると、相手は普通の話だと思い込むので、スムーズにオチまで運ぶことができます。

また、仮にウケなかったとしても、普通の話として会話をしていたら恥ずかしくありません。事前にハードルを上げてしまっていたら、滑った時に気まずい空気が流れてしまいますよね。なので、自分の保険のためにも期待値を下げておくようにしてください。

話が尻つぼみになってしまう

自分が話しているときに相手の反応が思わしくないと、途中から話す気が無くなってしまうことがあります。「このままオチまで行っても、ウケないな」と思ったら、やる気が無くなってしまいますよね。

なので、だんだん声が小さくなってしまったり、話がうやむやになってしまいがちです。最終的には、オチを話さずに誤魔化してしまうこともあるでしょう。こんなことを続けていると、どんどん自信が無くなってしまうので、話すことが苦手になってしまいます。

ですから、どんな話でも最後まで話し切るということを心掛けてください。先述したように、場数を踏むことで話し方は上達していきます。緊張してうまく話せない人でも、何回も話し続けているうちに自然と上手くなっていくわけです。

また、自分に対して自信を持つことも大切です。最初のうちは自信が無いかもしれませんが、自分の中で思い込むことで自信になります。根拠が全くなくても良いですから、面白い話ができると自信をもって話すようにしてください。それだけで、大きく変わってくると思います。

以上、会話が面白くない人の特徴を紹介しました。ダメな話し方を知ることで、自分の問題点を改善することができます。自分に当てはまっている項目があったら、すぐに改善できるようにしてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする