ちょっとしたことで人見知りは話し上手になれる

a9h5x

会話をするときに、相手の話を聞かない人って多いですよね。真面目に聞いているように見えても、実は何も聞いていなかったという場合は結構あります。これだと、すごく印象が悪いですよね。

しかし、人見知りの人は、相手の話をよく聞く傾向にあります。相手の話を集中して聞いているので、聞き手としてはかなりポイントが高いです。さらに、相手の性格や考え方なども理解できるので、共感を示しやすいんですね。そういう人は、相手と信頼関係を築きやすいというメリットがあります。

このように、人見知りは本来は人と接することに向いているわけです。でも、他の部分でマイナスに働いているので、上手く人間関係を構築できないということですね。なので、マイナスポイントを改善できるように努力をしましょう。

相手の顔色を気にしない

人見知りの人は、相手の気持ちなどを察知する能力に長けています。しかし、逆に言うと、相手のリアクションに対して、敏感すぎるというデメリットがあります。相手の表情が変わっただけで、気分を害したのではないかと不安になったりするんです。

こうなってしまうと会話にならないですから、相手のことを考えすぎるのもダメなわけです。そもそも、相手の気持ちなんて傍から見て分かるわけありません。どれだけ考えても、正しい気持ちは理解できないので気にしないことが大切です。

相手の意見を尊重する

人は誰でも、自分の意見を受け入れてもらいたいと思っています。なので、相手の意見に対して共感を示すことは、非常に大切なことなんです。ですから、相手の意見を受け入れるための、心の余裕を持つようにしましょう。

リラックスして会話をしていれば、そういった余裕が生まれることになります。緊張しすぎて会話をしても、話の内容に共感できません。なので、自分の中で余裕を持つことは非常に大切なことだといえますね。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする