言いにくいことを伝える技術。人間関係を壊さないための秘訣

pran4

仕事やプライベートに関わらず、言いにくいことを伝えるべきシチュエーションがあります。他人に迷惑を掛けた時や失敗をしたとき、相手の間違いを正すときなど、状況によって言いにくいことは様々でしょう。

伝え方が悪ければ、相手を傷つけるかもしれないので注意しなくてはいけません。下手をすると相手を怒らせてしまって、人間関係が壊れることすらあります。ですから、慎重に伝えるようにしてください。

ここでは、言いにくいことを伝えるときのポイントを紹介します。

言いにくいことを伝えるためのセオリー

空腹時は避ける

人は空腹時だと、怒りっぽくなります。だから、上司に失敗の報告をするときなどは、食後にした方が良いですね。伝える時間帯を変えるだけで、反応が大きく変わることがあります。余計な衝突を生まないためにも、満腹時を選ぶことが大切です。

もしくは、仕事終わりに飲みに行って、その時に報告するのも良いですね。お酒が回っていると陽気になりますから、大抵の失敗は大目に見てくれるかもしれません。非常に便利な知識ですから、覚えておくと良いでしょう。

断定しない

他人のミスを注意するときなどは、かなり気を遣いますよね。相手の気分を害さないように、優しく伝える必要があります。仮に、「君の確認が不十分だったんだよ」などと断定すると、反発されてしまうでしょう。

だから、「ちゃんと確認した?」とか「確認不足だったのかな?」などと、問いかけるようにしてください。こういった言い方であれば、直接的に相手を否定する表現ではありません。自尊心を傷つける心配も無いので、トラブルを避けることができます。

フォローを入れる

言いにくいことを伝えた後は、必ずフォローを入れてください。伝える内容によっては、相手は傷つくかもしれませんし、怒ることもあり得ます。なので、「よくある事だよ」とか「私も経験あるよ」など、安心させる一言を付け加えてください。

こういった配慮ができれば、人間関係が崩れることはありません。相手の立ち直りも早くなりますから、フォローの一言は忘れないようにしましょう。

プライベートの場面

相手にとって恥ずかしいこと

洋服にクリーニングのタグが付いていたり、ズボンのチャックが開いていたりする人がいたとします。そういったことを指摘すると、相手からすると恥ずかしいですよね。特に、女性の場合だと、言い方に困ることがあります。

そういった場合には、ストレートに言ってしまいましょう。軽い感じで「タグが付いてるよ」と言えば、相手も気になりません。

もしも、「言いにくいんだけど・・・」などの重い切り出し方をすると、言われた方は恥ずかしくなってしまいます。だから、軽い感じで言った方がサラッと受け流すことができるわけです。

その後に、「私もよくあるんだよね」とフォローしておけば問題ないでしょう。

相手が傷つきそうなこと

身内に不幸があったりしたときなど、深刻な話を伝えるときもあります。こういった時には、伝える場所を選ぶ必要がありますね。人がいない静かな場所へ呼び出して、単刀直入に伝えるようにしてください。

呼び出した時点で相手は何かしらの覚悟が決まっているので、変に前置きをする必要はありません。事実だけを淡々と伝えるようにしましょう。状況によっては、相手が泣き出してしまうかもしれません。

そんな時は、「いつでも相談してね」と優しく声を掛けるようにしましょう。

相手が怒りそうなこと

借りていたゲームを壊したり、約束を破ったりしたときには、相手を怒らせてしまうかもしれません。ケンカになることが無いように、慎重に伝えるようにしたいですね。伝えるときには、相手の機嫌が良い時を狙いましょう。

変に言い訳をすると逆効果なので、正直にすべてを話してから謝ります。誠実に対応すれば、許してもらえるでしょう。反省している態度を示すことで、トラブルになることを防ぐことができます。

ビジネスの場面

仕事で上司や部下にものを伝える場合、プライベートの時のように馴れ馴れしくはできません。社会人としてのマナーなので、言葉には気を付けるようにしてください。

軽い事実を伝えるとき

部下がミスが発覚したり、企画がボツになったときなど、少し深刻な事実を伝える場合があります。そういった時には、サンドイッチ話法を使うのが効果的です。サンドイッチ話法とは、悪い話の前後に良い話を持ってくる話し方となります。

「君は普段から仕事熱心で頑張っているよね。でも、残念ながら今回の企画はボツになってしまった。ただ、君の熱意は素晴らしいと思うから、これからも頑張ってほしい。」

こういった言い方をすると、相手を傷つける心配はありません。柔らかい伝え方になりますから、覚えておくと良いでしょう。

重大な事実を伝えるとき

ボーナスのカットやリストラ勧告など、重大な事実を伝える場面もあるかもしれません。こういった時には、かなり気を遣いますよね。相手の人生を左右するようなことですから、慎重に伝えるようにしましょう。

伝え方としては、結論を後回しにすることが有効です。最初に、詳しい現状や詳細などを説明してから、最後に結論へとつなげていきます。

「○○さんも知っていると思いますが、会社の業績が低迷しています。今年の売上は、前年比●●%減と言う結果です。このままの状況が続くと会社の存続も危うくなるので、何かしらの対策が必要となります。○○さんの努力は認めているのですが、、、」

前置きを長くすることで、聞き手は心の準備をすることができます。話の内容を予測することができますから、覚悟を決めてくれるわけですね。いきなり結論を伝えるとビックリさせてしまうので、十分な説明を行うようにしてください。

以上、言いにくいことを伝える方法を紹介しました。伝え方次第で相手の心証は大きく変わりますから、できる限り傷つけないようにしないといけません。人間関係を壊さないためにも、覚えておくと良いでしょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする