落ち込んでいる人を励ます言葉とは?タイプ別の励まし方を紹介。

69l0n

友達や同僚などと話しているときに、いつもと様子が違っていることがあります。口には出さなくても、落ち込んでしまっている人はいますよね。仕事で失敗したり、恋人と別れたりなど、理由としては様々だと思います。

そういった時に、どのように声を掛けたら良いでしょうか。間違った励まし方をすると、逆に相手を傷つけてしまうので注意が必要です。なので、上から目線にならないように、慎重に声を掛けるようにしましょう。

ここでは、落ち込んでいる人の励まし方を紹介します。

まずは、気持ちに共感することから始める

何も考えずに「頑張って」などと言うと、「私の気持ちも知らないで!」と反感を受ける可能性があります。相手からすると、無責任な印象を与えてしまうので注意が必要です。なので、声を掛ける前に、相手の立場に共感してあげましょう。

聞き役に回って、相手の話を聞いてあげるわけです。そして、落ち込んでいる理由を知ったうえで、「大変なんだね」と共感してあげてください。人は解決法を望んでいるのではなく、共感してくれる人を探しています。

価値観が違っていても、相手を受け入れることを意識してみてください。たとえ、共感できない部分があっても、それを含めて受け入れるわけです。ありのままを受け入れることができれば、価値観の違いなんて気になりません。

引用:話ベタな人は、価値観の違いを受け入れることが大切

だから、具体的なアドバイスをするよりも、自分の気持ちを理解してもらった方が嬉しいわけです。これを理解していなければ、間違った励まし方になってしまうので注意してください。

実は、「頑張って」という言葉は、相手を追い詰める可能性のある危険な言葉です。それよりも、「無理しなくて良いよ」とか「少し休もう」といった現状を認めるような言葉の方が、相手に負担を掛けなくて済みます。

相手を肯定してあげることを、忘れないでください。

相手のタイプに応じた励まし方

強がるタイプ

落ち込んでいることを、自分では認めない人がいます。「元気ないね」と言っても、「そんなことないよ」と返してくるタイプですね。口では大丈夫だと言っていても、明らかに元気が無い表情をしているのですぐに分かります。

こういった人は、プライドが高いので他人に弱みを見せるのを嫌がります。だから、誰にも相談できずに一人で悩んでしまいがちですね。下手に声を掛けてしまうと、相手を怒らせてしまうかもしれないので注意しましょう。

具体的な励まし方としては、「最近、忙しそうだね」などと自分の感想を伝えることです。自分の思ったことを伝えているだけなので、反論を受けることはありません。そして、表面的な世間話をしつつ、落ち込んでいる原因を探るようにしてください。

少しずつ相手も心を開いてくれるので、自然と本音で話してくれるようになるはずです。本音を聞くことができれば、「大変だよね」と共感しつつ「今のままで大丈夫だよ」と認めてあげるようにしましょう。

自虐的なタイプ

強がるタイプとは対照的に、「どうせ私なんて」と極端に自分を卑下する人もいます。日本人には、このパターンの人が多いと言われていますね。自虐的な発言が多い人は、自分を下げることで周りから心配してほしいと思っています。

基本的に、自虐的なタイプは周りに構って欲しいと思っているため、励ましやすいですね。気の済むまで話を聞いてあげて、相手を肯定する言葉を投げかけてあげれば解決する場合が多いです。

具体的には、落ち込んでいる理由を聞いてから、その人の良い所を褒めてあげるようにしてください。「マジメで頑張り屋さんだよね」とか「普通の人よりも思いやりがあるよね」などと肯定することで元気づけることができます。

また、エピソードを交えて褒めると効果的です。「先月のプレゼンの時、前日の深夜まで残業して資料作成していたよね。すごく努力家だと思ったよ」といったことですね。エピソードに具体性があるほど、自信を持たせてあげることができます。

泣いているタイプ

感情的になって、泣いてしまう人もいますよね。こういったタイプは、あまり刺激すると感情が爆発してしまうので注意が必要です。とりあえずは、「どうしたの?」と質問をしてみてください。

そこで、理由を説明してくれたのなら、ゆっくりと頷きながらすべてを聞いてあげましょう。もしかすると、明確な理由が無いかもしれません。色々な気持ちが交錯して訳も分からず泣いている場合もありますから、口出しせずに話を聞いてあげます。

相手の気が済むまで、トコトン話を聞いてあげるのがポイントですね。一通り話を聞き終わったら、「大丈夫だから」と前向きになる言葉を掛けましょう。

また、質問しても何も答えてくれない人もいるでしょう。そういった場合には、何も言わずにそばにいてあげてください。無理に理由を聞き出そうとすると、余計に心を閉ざしてしまいます。だから、自分から話そうとするまで、こちらからはアクションを起こさない方が良いです。

気持ちが落ち着けば、何かしらの相談をしてくれるでしょう。その時には、親身になって話を聞いてあげることが大切です。

以上、落ち込んでいる人を励ます方法を紹介しました。周りに元気の無い人がいると、その場の空気が重くなってしまいます。なので、少しでも早く元気になるように、励ましの言葉を掛けてあげてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする