なぜか嫌われる人の話し方の特徴とは?

obx3i

好印象を得るために自分なりに努力をしても、なぜか周りから嫌われてしまう人がいます。そういった人は、無意識のうちに相手に不快感を与えている可能性があります。自分で原因に気付いていなければ、いつまでも改善できないという悪循環に陥りがちですね。

なので、自分自身を振り返ってみて、周りの人を不快にさせる原因が無いかを調べるようにしましょう。ある個所を変えるだけで、周りの評価が劇的に改善されることがあります。

ここでは、周りから嫌われてしまう人の特徴を紹介します。

なぜか嫌われる人の話し方

自分の言いたいことばかり話す

自分の好きなことだけを、一方的に話してしまう人がいます。言いたいことがあるのかもしれませんが、そればかりだと相手は退屈してしまいますよね。なので、相手の話を聞くことも意識しないといけません。

「話し上手は聞き上手」だと言われるように、熱心に相手の話を聞く人は好かれやすくなります。人は誰でも、自分の話を聞いてほしいと思っています。なので、聞くことに集中することで、相手の承認欲求が満たされるわけです。ですから、話を聞くことにフォーカスしてみてください。

語尾の言い方

話し方の印象は、語尾によって大きく変わります。たとえば、語尾を強く言ってしまうと、威圧的な印象となりがちです。また、語尾の声が小さいことで、自信の無い印象を与えることもあります。

これは、自分の会話を録音すると分かりやすいので、実際に聞いてみると良いでしょう。何度も練習してみて、嫌味の無い話し方になるようにしてください。語尾をソフトにして笑顔を見せるようにすれば、柔らかい印象にすることができますよ。

謙虚さが無い

自分を大きく見せようとして、自慢話をしてしまう人がいます。それだと、相手にとっては苦痛でしかありません。誰も、あなたの自慢話には興味が無いわけです。なので、謙虚な気持ちを持って、人と接するようにしないといけませんね。

また、相手の話を聞かずに、どんどん前に出るのも控えた方が良いでしょう。自分が目立つことばかり考えていると、相手の存在を疎かにしてしまいがちです。相手からすると自分が無視されているように感じるので、印象が悪くなってしまうわけですね。

なので、自分を客観的に見直してみて、相手を尊重するようにしましょう。

感謝の気持ちを持たない

他人に対する感謝をしないと、周りの人が離れて行ってしまいます。「ありがとう」や「すいません」といった言葉は、ちゃんと言った方が良いでしょう。親しい人だと忘れてしまいがちですが、かなり重要なことだといえます。

相手に対する気遣いの姿勢があれば、人間関係を長く続けることができるはずです。自分と会話してくれるということは、その人の時間を割いてくれているわけですよね。なので、ちゃんと感謝の気持ちを持って会話をしないとダメでしょう。親しい人にほど感謝をするべきですから、覚えおいてください。

言い訳をする

失敗をしても自分の非を認めない人は、誰からも好かれることはありません。自分が悪い時には、素直に謝ることが大切ですね。たとえ、直接の原因が自分に無かったとしても、相手に迷惑をかけたのであれば謝る必要があります。(社会人としての上手な謝罪の仕方

つまらない意地を張ってしまうと、自分の評価を下げることがあるので注意してください。謝るのが損だと思っている人が多いですが、自分の非を認められない人は人間として評価されることはありません。

なので、言い訳をするのではなくて、素直に謝罪ができるようにしましょう。

以上、嫌われる人の話し方の特徴を紹介しました。自分に当てはまっているものがあれば、早急に改善できるようにしてください。人間関係は自分の財産となるので、周りから嫌われないように注意を払う必要があります。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする