第一印象を良くするための話し方の秘訣

5wj7v

初対面の人と仲良くなるのは、第一印象が大切です。印象が良ければ、好感を持たれやすいので仲良くなれる可能性が高くなります。しかし、印象が悪かったら、相手にされないことの方が多いでしょう。

実際に性格が良かったとしても、印象が悪ければ意味が無いわけです。なので、出来るかぎり相手に良い印象を与えることができるように工夫をしてください。その人の印象は、服装や髪形、声のトーンや大きさなど全体の雰囲気で決まります。

おススメなのは、清潔感のある服装をすることですね。Yシャツにアイロンを当ててシワを伸ばしたり、髪型も短髪で爽やかな感じにすると良いでしょう。これだけでも、かなり見た目の印象が良くなるはずです。

さらに、話し方も第一印象を決めるために大切な要素となります。

やはり第一印象の影響は大きい

第一印象というのは、その人と初めて会う瞬間です。印象は出会って3秒で決まると言われますが、その瞬間のイメージで好き嫌いを判断されてしまいます。それによって、その後の付き合い方も変わってくるので、プラスの評価をされた方が良いに決まっていますよね。

なので、できる限り謙虚な姿勢で臨んだ方が良いでしょう。日本人は謙虚さが美徳だとされていますから、ガンガン前に出るよりも控えめの態度の方が好感度を得やすいです。控えめで爽やかな人柄をアピールできれば、悪く思われる心配はないでしょう。

また、表情や服装、姿勢なども見られていますから、オドオドせずに堂々としてください。無表情でいるよりは、笑顔で接した方が良いです。

第一印象を良くするための話し方

明るい声で話す

話すときには、ハキハキと元気良く発声するようにしましょう。小さくてこもった声だと、暗い印象を与えてしまいます。自分が話しかける際にも、暗そうな人だと気が滅入ってしまいますよね。

なので、なるべく大きな声で自信を持って話すことが大切です。それだけで、周りの人の印象は大きく変わるでしょう。声の出し方が違うだけで、同じ内容を話したとしても評価が異なるわけです。それだったら、元気良く話した方が得ですよね。日頃から、発声には意識をしましょう。

特に、ビジネスの現場だと、声が小さいと自信が無いと思われてしまいます。相手に舐められてしまったら、プレゼンや営業などでも上手くいきません。だから、姿勢を伸ばして相手の顔を見て、大きな声を出すようにしてください。

笑顔で接する

無表情で他人と接すると、何を考えているのか分からないので敬遠されがちです。ですから、できるだけ笑顔で接するようにした方が良いですね。笑顔を心掛けるだけで、明るくて親しみやすい雰囲気となります。

子供から大人まで誰とでも仲良く話せるようになるので、笑顔でいることの重要性は高いといえますね。声の出し方と同じように、顔の表情も重要な要素です。明るくて接しやすい印象を与えるためには、笑顔が大切だということを覚えておいてください。

気持ちを言葉や態度で示す

そして、話す内容と表情を一致させることも大切です。楽しい話をしているのに、顔が無表情だったら聞き手は困惑してしまいます。なので、楽しい話であれば、笑顔で楽しそうな表情をしなくてはいけません。

一方、悲しい話であれば、少しトーンを落として悲しい表情をしないといけませんね。悲しい話なのに、顔が笑っていたらおかしいでしょう。なので、会話の内容と表情が矛盾しないように気を付けてください。

また、嬉しい時には言葉の表現を変えることで、より嬉しい気持ちを示すことができます。たとえば、以下のような感じです。

「楽しかった」⇒「今までにないくらい楽しかった。」
「美味しかった」⇒「舌がとろけるくらい美味しかった。」
「嬉しかった」⇒「泣くほど嬉しかった。」

こういった表現をすれば、聞き手は具体的にイメージできるので喜んでくれますよね。だから、感謝の気持ちなどを伝えるときには、具体的な言葉にしましょう。

ネガティブな発言をしない

「何の取柄もありませんが」とか「どうせ自分なんて・・・」といった発言をする人は、あまり好かれない傾向にあります。自分を謙遜しているのかもしれませんが、ネガティブ発言を好む人はいませんよね。

だから、どれだけ落ち込んでいたとしても、それを言葉に出すのは止めましょう。印象が良い人というのは、周りを元気にさせる人です。なので、負のオーラを出している人は、好かれることはありませんので覚えておきましょう。会社の飲み会などでも、そういった発言は控えた方が良いですね。

そして、言葉では気を付けていても、それが態度に出てしまう人もいます。だから、強張った表情やそっけない態度を取らないように、注意を払ってください。無意識に出てしまう場合もありますから、普段から気を付けるようにしましょう。

シンプルに伝える

話の内容が難しすぎると、相手が理解しにくくなってしまいます。自分の知識をアピールしたい気持ちは分かりますが、周りが理解できない会話は自己満足にしかなりません。コミュニケーションは双方向で行うものなので、相手に合わせた会話を心掛けるようにしてください。

話の内容をシンプルにまとめることで、スマートな印象を与えることができます。難しい事でも簡単に説明できる人は、頼りがいがあって信頼されやすくなりますね。特に、社会人であれば、常に心がけておくべきことです。

相手の話をよく聞く

一方的に自分の話ばかりする人は、あまり好かれない傾向にあります。人は誰でも、自分のことに最も関心を持っています。なので、可能なかぎり相手の話を聞くようにしましょう。聞き上手は好かれやすいと言われますが、話をよく聞くほど印象は良くなります。

だから、相手に対して興味を向けて、熱心に話を聞くようにしてください。そうすれば、相手も楽しくなるので、どんどん積極的に話してくれるようになるでしょう。

プラスの一言が重要

初めて自己紹介をするときには、名前だけを言って終わらないようにしてください。相手とのファーストインパクトですから、これで終わるのは勿体ないです。相手の記憶に残るために、何かしらの一言を付け加えるようにしましょう。

たとえば、自分のあだ名やニックネームを伝えるのは効果的ですね。

「初めまして、松本と言います。子供のころから「松っちゃん」と呼ばれていました。なので、そう呼んでいただけると嬉しいです。」

こうするだけで、距離感が一気に縮まりますよね。ニックネームで呼んでもらえるようになれば、すぐに親しくなることができます。

また、自分の趣味や特技を伝えるのも良いでしょう。

「初めまして、松本です。アウトドア派なので、休日はサーフィンや釣りなどへ行くのが趣味です。よろしくお願いします。」

自分の情報を積極的に開示すれば、親しみを持たれやすいです。相手の趣味なども聞きやすくなりますし、共通の趣味があると話が盛り上がります。

他にも、自分の欠点をさらけ出すという方法もあります。

「初めまして、松本です。私は方向音痴なので、ここに来る途中に迷ってしまいました。どうぞ、よろしくお願いいたします。」

少しお茶目な一面を見せることで、人間味を出すことができます。

 

自分のプライベートを開示することで、親近感を持ってもらうことができます。おススメなのが、過去の失敗談などを話すことです。自分のダメなところをさらけ出すことで、一気に親近感が増します。全てにおいて完璧な人よりも、少し欠点がある方が人間味があるからですね。

引用:飲み会の会話が苦手なのを克服するためには?

以上、第一印象を良くする話方を紹介しました。人間関係を円滑にするためには、印象を良くすることが大切です。誰からも好かれやすくなるように、印象を良くする秘訣を知っておいてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする