ありのままの自分で接する

f3jnl

話し方を上達させる場合、まず1対1の会話に慣れる必要があります。これは、会話の基本となるものですから、しっかりと身に付けることができるようにしましょう。大切なこととしては、「自分の考えを素直に表現する」ことと「自分を過度に大きく見せない」ということです。

こういった意識で人と接することで、話をすることに対して余裕が生まれることになります。そうすれば、相手の表情を見ながら、話した内容の理解度などを測りながら会話を進めることが出来るようになるでしょう。

相手が聞きやすい話し方を身に付ける

会話において重要なことは、「間」です。間の取り方を適切に行うことで、相手にとって理解しやすい話し方をすることが出来ます。人見知りであると緊張しがちなので、間髪入れずに言いたいことを連続で話してしまうことがあります。でも、適度な間を取ることができれば、緊張も解けてゆっくりと話すことが出来るでしょう。

また、声の強弱をつけるといったことも大切ですね。大切な言葉に対して、少し力を込めて話すことでメリハリを出すことが出来ます。話のトーンに抑揚をつけることにもなるので、聞いていて飽きない話し方をすることにもなるんです。

他にも、余計な説明は省くといったことも重要でしょう。話を伝えたいという気持ちが強すぎると、ダラダラと長い説明をしてしまいがちですよね。でも、それだと聞いている人は飽きてしまって、重要なポイントを聞きそびれてしまいます。

なので、なるべく簡潔に分かりやすく会話をすることが重要なわけです。相手の知識レベルを見極めつつ、どれくらいの説明が適切なのかを測るようにしましょう。これは、人と会話をするうえで、かなり大切になってくることですよ。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする