聞き上手になることから始めよう

5wrnv

上手く話せるようになりたいと思う人の多くは、テレビでお笑い芸人の話し方を研究したり、話のネタを仕入れたりといったことに力を入れる傾向にあります。でも、多くの場合、そんなことをしても無駄に終わることが多いでしょう。

なぜなら、話し上手になるためには、まず相手の話を聞くということが大切だからです。聞き上手は話し上手だとよく言われますが、これは本当のことです。人は一般的に、自分の話を聞いてもらいたいと思っています。

人は基本的に孤独な生き物ですから、自分の話を聞いてもらって共感してもらいたいわけです。なので、自分の話し方を磨く前に、相手の話を聞くということを意識しないといけません。実際、色々な人を見ても、話ベタな人は相手の話が聞けていないことが多いです。

周りの人から好かれるために

聞き上手が大切だと言いましたが、単に聞くだけでは不十分です。聞き方にもコツがありますから、しっかりと理解することが大切ですね。具体的に、どんなコツがあるのかというと、相手に対して共感をするということです。

相手の言葉を耳に入れるだけじゃなくて、「理解していますよ」「よく分かります」といった風にしっかりと感情をこめて聞く必要があります。ちゃんと自分の気持ちを表情に出して、相手に見せることが肝心です。そうすることで、相手との距離も近づいていくでしょうし、好感をもたれるということです。

人は、自分のことを好になってくれる人が好きです。そして、自分の話を聞いてくれる人が好きなんです。なので、相手に好意を向けて共感をして聞くということを意識すれば、コミュニケーションのスキルも格段にアップしていくでしょう。

聞き上手になるメリット

熱心に相手の話を聞くようにすると、色々なメリットがあります。自分の話を一方的にするよりも、明らかに利点が多いです。具体的に、どんなメリットがあるのかを知っておいてください。

好感を持たれやすくなる

先述したように、人は誰でも自分の話を聞いてもらいたいと思っています。だから、真剣に話を聞いてあげて共感することで、その人から好印象を持ってもらえるということですね。別に、適切なアドバイスをする必要はありません。じっと話を聞けばいいわけです。

相手が話してくる内容は、ほんの些細な出来事や自慢話かもしれません。また、大きな悩みを打ち明けてくれるかもしれません。どんな内容の話であっても、嫌な顔をせずに聞いてあげてください。

そうすれば、相手はあなたに対して好感を持ってくれるでしょう。

話のネタに困らない

話を聞くことにフォーカスすると、自分で話題を考える必要は無くなります。何を話そうかと考えすぎてしまって、頭が真っ白になっている人は多いですよね。聞き上手な人になれば、そういった悩みを持つことは無くなるわけです。

相手から自在に話のタネを引き出すことができますから、話すことが無くなって沈黙してしまうことは無くなるでしょう。だから、口下手な人ほど、聞くことに集中した方が良いと思いますね。

ただ、全く話題が思いつかないのは問題なので、以下の記事を参考に話題を作る方法を知っておいてください。

一つのネタで話を広げられる

自分で考えたネタだと、相手に興味が無ければ話が広がりません。だから、いくつも話題を用意しておいても、すぐに消化してしまって話すことが無くなる場合がありますね。

でも、聞き上手な人は、相手が出した話題を中心に会話を展開します。だから、相手にとって興味のある話の内容になり、会話が広がりやすいわけです。一つのネタだけで何時間も話すことが可能ですから、新しいネタを提供する必要はありません。

さらに、話を広げることも上手くなるので、話し上手になれるというメリットもあります。

効果的な聞く技術について

聞き上手になろうとしても、思うように話を広げられない人がいます。これは、聞き方が間違っている場合がありますね。聞き上手というのは、ただ話を聞けば良いわけではありません。相手から上手く話題を引き出して、心の中に溜まっているものを吐き出させることが大切なわけです。

たとえば、以下のようなケースは下手な聞き方となります。

相手:「髪型を変えようと思ってるんだよね。」
自分:「良いじゃん。どんな髪型にするの?」

こういった聞き方も間違いではありませんが、会話の広がりが浅くなってしまいます。なぜなら、事実にしか踏み込んでいないため、表面的な会話で終わってしまうからです。

上手い聞き方というのは、以下のような例です。

相手:「髪型を変えようと思ってるんだよね。」
自分:「何で髪型を変えるの?」
相手:「実は、失恋しちゃって・・・。」

この例では、「なぜそうするのか?」という深い部分について質問していますよね。こうすれば、相手の心の内を聞くことができるので、会話に広がりを持たせることができるわけです。中身の濃い会話ができる可能性が高いですから、相手との信頼関係も深まるでしょう。

以上、聞き上手になる方法を紹介しました。話を聞くというのは、会話の基本となることです。ちゃんと出来ている人は少ないですから、しっかりと身に付けられるようにしてください。きっと、誰とでも仲良くなれるはずです。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする