相手を無視することも大切

clvy4

人見知りの人の多くは、「自分を良く見せたい」とか「嫌われたくない」といった思いが強いですね。なので、本来の話に集中することが出来ず、相手の反応ばかりが気になってしまいます。そんなことをしていると、いつまでも話し方が上手くなることはありません。

大切なことは、相手の反応に執着するのを止めるということです。相手を意識しすぎるほど、逆に話せなくなってしまいます。なので、執着するのを止めることが大切なことですね。

聞いている人は無視する

ちゃんと話に集中するためには、相手の事を気にしないことが重要です。聞き手のことを無視して、自分の話を伝えることだけに集中するわけです。ここでいう無視とは、相手の存在を否定するということではありません。相手の顔色を伺うのを、止めるという意味です。

そして、コミュニケーションを重ねていれば、相手と意見が衝突することもあるでしょう。でも、そういったことを恐れてはいけません。世の中には色々な考え方の人がいますから、自分と意見が合う場合の方が少ないわけです。だから、相手と意見が異なったとしても、気にせずに会話を進めていきましょう。

また、自分がどう思われているのかを気にする人がいますけども、実際には相手は何も気にしていないことがほとんどです。自分の話し方や表情、しぐさなどは、ほとんど見られていないわけです。自分の思い込みである場合が、多いわけですね。

なので、他人の目は気にせずに、自分の話に集中するようにしてください。自分を大きく見せようとするのではなくて、素直にありのままの話をすればいいわけです。上手く話そうとしないことが、話し方を上達させるポイントですね。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする