会議での会話の対処法

p4vq3

会議などで話す機会がある場合、1対多の会話をしなくてはいけません。話すことに慣れていない人であれば、戸惑ってしまうこともあるでしょう。当然、相手の意見や考えが複数になるわけですから、処理する側としても何度が高くなります。

なので、いざという時のためにも、対処方法を知っておくようにしましょう。

関係者の方を向いて話す

まずは基本的な事項ですが、会議上で何かを説明する場合には、該当する人の方を向いて話さないといけません。全般的な内容であるならば、出席者全体を見回しながら話す必要があるわけです。そして、個別の質問などがあるならば、その人の方を向いて話しましょう。

当たり前のことなんですが、出来ていない人が意外と多いです。ちゃんと相手の方を向いておかないと、相手は集中できないので聞き逃してしまいがちです。ですから、当事者意識を持たせるためにも、相手の方をしっかりと向いてあげる必要があります。

資料の作成を忘れない

会議中の説明が長くなってしまうと、聞き手は情報量が多いので理解することが難しくなります。なので、分かりやすくするために、資料の作成を忘れないようにしてください。視覚的に理解することが出来るようになれば、非常に分かりやすい説明が出来ますよ。

また、適宜質問を受け付けることも重要です。そうすれば、不明点を無くすことが出来るので、説明の漏れを防ぐことにも繋がります。このように、相手の立場に立って話すことで、会議中でも分かりやすい説明をすることが出来るはずです。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする