情報量で話の内容が深くなる

22mvj

人見知りの人は、相手に気を遣いすぎて話の内容が疎かになりがちですね。自分の話よりも、相手の一挙手一投足が気になってしまうというわけです。だから、会話に対する自信も無くなってしまいます。

そこで、自信を持って会話を進めるために、たくさんの情報を仕入れることをおススメしますよ。自分の持っている情報量が多いほど、話の内容に厚みを持たせることができます。さらに、今までとは違った視点からモノを見ることができるので、会話の幅が広くなるわけです。

常日頃から、新しい情報が入ってくるように、アンテナを張っておいてください。テレビや新聞、書籍などを読む習慣があれば、相当な情報を手に入れることが出来ます。そうすることで、自分が話せる話題の数も、どんどん増えていくでしょう。

情報量が多いほど人脈も増える

面白い話をする人は、周りから好かれる傾向にありますよね。しかし、「面白い」ということには、2つの種類があるんです。1つは、話し方が面白いということ。もう1つは、話の内容が面白いということです。

前者は話術の問題なので、生まれ持ったセンスなどが必要となります。しかし、後者であれば情報量が多ければ、実践できる内容です。特別な才能が無かったとしても、話の内容を面白くすることは可能なんですね。

また、情報量が多いということは、それに関する友人も増えていくということです。話せる内容が多いほど、それだけ会話できる人間が増えるということですから人脈を増やすことにも繋がります。

自分の好きなものを増やす

単に情報を集めると言っても、なかなかできることではありません。何から手を付ければいいのか分かりませんし、それなりに労力もかかってしまいます。なので、最初は自分の好きなことから、情報を集めるようにしてください。

好きなことであれば、比較的容易に情報を集めることが出来ますよね。そこから、徐々に範囲を広げていって、たくさんの情報を得られるように頑張りましょう。

話のネタが豊富にあれば、会話に困ることがありません。さらに、深い話しが出来るようになりますから、覚えておくようにしましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする