自己愛が強すぎると会話が出来なくなってしまう

z91wc

人見知りな人を見ていると、周りの人をとても大切にしている印象を受けます。常に周りに気を遣いますし、気配りをしているように見えるわけです。なので、人付き合いが上手い人だと、勘違いされている人も少なくないんですね。

しかし、これは実は自分に対して気が向いてしまっているだけなんです。つまり、自分自身が嫌われたくないという理由から、周りに対して良い顔をしてしまっているわけです。八方美人なひとも、こういった傾向が強いでしょう。

なので、そういった人は、自分を極端に卑下して相手を持ち上げたりします。「私はダメな人間だから、、」といったように、極度な謙遜に走ってしまうんですね。そうすると、相手はどういう反応をすればいいのか戸惑ってしまいます。

実は相手の気持ちを考えていない

人見知りの人は、自分を良く見せるために周りに気遣いをするので、それが間違った方向へ進んでしまいます。普通であれば、相手の立場に立って何を言うべきかを考えるべきですよね。

しかし、人見知りの人は、そんなことは関係なく「何か言わなきゃいけない」と強迫的に考えるので、思ってもいないことを適当に話します。そうして、相手を傷つける結果となる場合もあるんです。

また、体裁ばかりを考えているので、話の中身が薄くなってしまうという傾向もあります。最終的には、自分でも何を言っているのかわからないという状態になってしまいます。会話の内容よりも、自分を取り繕うことに必死になってしまうわけです。

だから、相手の気持ちを無視して、自分のことしか考えていないと言えるわけですね。

自分の意識を捨てることが大切

人見知りで最も厄介なのが、「他人を大切にしている」という勘違いです。なので、結局は自分のことしか考えてないという事実に、気が付かないわけですね。これがエスカレートしていくと、自意識過剰が加速してしまってストレスが溜まる一方となってしまいます。

こういった状況から抜け出すためには、自分に対する意識を捨てることが大切です。自分を良く見せることを、止めるということですね。実際、自然体で接する方が、最も好かれやすくなるんです。自分を作りすぎると、嘘くさくなってしまうために相手と打ち解けることは出来ません。

なので、自分という意識をなくす努力をしてみましょう。そうすれば、他人との接し方も変わってくると思いますよ。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする