人見知りの弱点を活かす

z7jm6

人見知りの人は、実はコミュニケーションの才能があるんです。周りの人に対して気を遣うことが出来ますし、空気を読み取る能力に長けているわけなので人と話すことに向いているといえます。ただ、その才能の使い方を理解していないから、人と接することが苦手になっているだけなんですね。

なので、自分の能力を最大限に発揮して、コミュニケーションの場面で活用することが出来るように意識を変えることから始めてください。自分の弱点を強みに変えることが出来れば、人見知りであっても話し上手になることが出来るでしょう。

自意識過剰を逆手に取る

人見知りである場合、周りの人の気持ちを考えすぎるということがあります。でも、それは自分への意識が、強すぎるという裏返しとも言えますね。つまり、自分が嫌われたくないという気持ちが強いから、相手の顔色を常に窺ってしまうという自意識過剰の状態だといえます。

そこで、この自意識過剰を逆手に取れば、楽にコミュニケーションをすることが出来るんです。人見知りの人は、常日頃から周りの空気感を察知する努力をしています。嫌われたくないからといって、極度に気を遣っているんです。

それほど、過剰に気を遣っているわけだから、「それでも嫌われるなら仕方ない」と開き直ってしまえば良いんですね。開き直るというとネガティブなイメージを持つかもしれませんが、出来るかぎりのことをやったのなら、それ以上考えても仕方がありません。

なので、必要以上に考えないことが重要だと言えるわけです。

相手への気遣いを前面に出す

相手に対する気遣いの気持ちは、人見知りの人に共通する特徴だといえます。なので、それを前面に出して会話をするようにすれば、気軽に話せるようになるんです。相手を傷つけるかどうか不安なときには、「失礼かもしれませんが、、」などと前置きをして会話するようにしましょう。

こうやって、ちゃんと前置きをしておくことで、気遣いをアピールすることが出来ます。相手にも好印象を与えることが出来るので、スムーズな会話をすることが可能です。普通の人と違って、人見知りはちゃんと相手のことを考えることが出来るので、コミュニケーションをするときに有利なわけです。

自分の強みをしっかりと活かして、会話をするようにしましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする