会話ができない原因とは?

rnsgn

上手く話せない人には、必ず何らかの原因があります。なので、上手く会話をすることが出来るようになるために、その原因を知る努力から始めるようにしてください。ちゃんとした原因を知ることが出来れば、その改善法も見えてくるはずですよ。

まず、話せない原因の基本パターンには、大きく分けて2つがあります。先天的な原因と後天的な原因ですね。つまり、生まれつき上手く話せない人と、何か外的な原因で話せなくなってしまった人がいるということです。

なので、それらの原因を見ていくことにしましょう。

先天的な原因について

生まれつきの性格

人は生まれながらに、色々な特徴を持っています。足が速い人や歌が上手い人などですね。それと同じように、上手く話せない性格というものも存在します。これは、あなたのせいではなくて、そういう性格だからしょうがない部分もあります。

しかし、これは訓練次第で直すことが出来ますから、普通に会話することができるようになるでしょう。

話すことが嫌い

そもそも、人と話すことに喜びを感じない人がいます。人と話すなんて、面倒で意味が無いと思っているようなケースですね。これも、生まれ持った性格の一部ですから、仕方ないと言えるでしょう。

ただ、ちゃんと練習をすれば、話せるようになります。話すことが嫌いであっても、普通に会話することは難しいことではありません。なので、安心してください。

人見知り

一般的に、人は幼児期に知らない人を怖がるという人見知りになります。通常であれば、成長するにしたがって直っていくのですが、大人になっても改善されないことがあります。大人になってからの人見知りは、他人が目の前にいるだけで緊張してしまったりしますね。

でも、これも場数を踏むことで、次第に改善されていくことになります。根気よく訓練をすることで、誰でも上手く話せるようになるでしょう。

後天的な原因について

生まれつき話せない要素が無かったとしても、外的な原因によって急に会話が苦手になってしまうことがあります。これは、主に恐怖症と言われる病気が、原因となっているケースが多いですね。

重度の場合だと、医師の診察が必要となる場合がありますので、注意が必要です。なので、まずは特徴を知っておくようにしてください。

対人恐怖症

これは、人と会うのが怖いと感じるような症状です。他人からの視線に恐怖を感じたり、話しかけられることが怖いと感じてしまうわけです。重度になると、汗が止まらなくなったり、声が出なくなるという症状が出ますから、生活に支障をきたす場合もあります。

外出なども満足にできない人もいるので、早めに医師の診察を受けるようにした方が良いでしょう。

赤面恐怖症

赤面恐怖とは、他人に会った時に、顔が赤くなってしまう症状のことを指します。そして、その顔を見られることを避けてしまって、人と会うのが苦手になってしまうというわけですね。また、顔に意識が行ってしまうため、会話に集中できないというデメリットもあります。

そうなると、何を話しているのか分からない状態となるため、相手に自分の言いたいことが伝わらなくなってしまいます。

以上のように、話べたの原因には色々な種類があることが分かります。これでも一部なので、実際にはもっと多くの原因があります。まずは、自分の原因を把握して、適切な対処法を取れるように、努力するようにしてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする