人見知りとは何か?

pvbzp

人見知りとは、もともとは子供に対して使われていた表現です。子供や乳児が知らない人に出会った時に、恥ずかしがったり拒絶したりする現象のことを指します。これは、子供が自分の親と他人を見分けることが出来たことを意味していて、成長の過程では、少なからず誰だって経験するようです。

このように子供に対する表現だったのが、最近だと大人に対しても使われるようになってきました。大人だったら、「内気」とか「シャイ」という表現が適切ですけど、最近では大人に対しても「人見知り」という言葉が使われます。一般的に、コミュニケーション能力が低くて、人付き合いが苦手な人に対する表現ですね。

ただ、人見知りというのは、動物であれば例外なく持っている本能です。知らない人に対して警戒心を持つのは、当然のことなんです。自然界だと常に危険が潜んでいますから、警戒心を持っていないと命が危険です。だから、よく知らない人に対して、警戒心を持つのは動物として当たり前なんですね。

つまり、人見知りは、誰もが持っている防衛本能なんです。なので、初対面で緊張するからといって落ち込む必要はありませんよ。ただ、人よりも警戒心が強い場合に、人見知りだと認識されてしまうだけです。

最近だと少子化で核家族が増えたり、近所付き合いも少なくなったりしているので、子供のころから人付き合いの機会が少なくなっています。だから、人見知りになってしまう人も、増えてきているんですね。あなただけじゃないですから、心配しないでください。

また、海外でも人見知りが増加傾向にあるようです。外国人は、コミュニケーション能力が高いというイメージがありますけど、実際には一部の人だけで、人見知りの外国人は増えてきていますね。

以上のように、人見知りの人は近年増えてきているわけですね。しかし、ちゃんとした対策を行うことで、誰だって人見知りは克服できます。諦めずに頑張っていってくださいね。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする