人見知りの原因について

h20za

人見知りは生まれつきの性格だと思っている人が多いかもしれませんが、実際にはそれだけが原因ではないようです。後天的な要因で、人見知りになってしまう人ほとんどですね。

だから、自分は人付き合いに向いていないのだと悲観する必要はありません。正しい原因を知ることが出来れば、必ず改善することが出来るようになります。

実際のところ、人見知りの原因は環境によるものが多いと言われています。つまり、生まれ育った環境によって、人見知りかどうか決まるということです。

自分のこれまで育った環境を見返して、何が問題だったのかを理解するようにしてください。そうすることで、改善点が見えてくるかもしれません。

多くの場合、原因は幼少期にあります。子供の頃のトラウマが解消されずに、大人になっても人付き合いが出来ないケースですね。

最近の子供は、人と接する機会が昔と比べて少なくなっています。核家族が増えたせいで、自分の親以外と接する事が少ないでしょうし、近所付き合いもほとんどありません。

そういった理由から、知らない人と話すことに慣れていない子供が多いわけです。

だから、学校に入って集団生活を送るようになると、上手く話すことが出来ない子供がかなり出てきてしまいます。そして、周りに合わせられないことで自信を失ってしまいます。

自信を持っていなければ、常に周りの目を気にするようになりますし、失敗を恐れてますますうまく話せないような状態となってしまいます。かなりの悪循環ですね。

こういった状況で、人見知りになってしまうケースがあるんです。

まずは、自信を持つことが重要ですね。今の自分で大丈夫なのだと言い聞かせることで、人前でも緊張することが無くなります。そうすれば、悪循環から抜け出すことが出来ますから、人見知りを克服するための第一歩となりますよ。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする