上司から好かれるための秘訣とは?好感度を高めて自分の評価を高めよう

zavun

仕事を円滑に進めるためには、上司から好かれた方が良いですよね。また、出世などを考えているのであれば、積極的に社内営業をして上司からの信頼を集めておく必要があります。自分の評価にも繋がってくることですから、社会人としては重要な要素でしょう。

人は誰でも、感情で動くものです。同じ発言をしたとしても、好感度の高い人と低い人では、周りの受け取り方が大きく異なります。つまり、何を言うかではなく誰が言うかということですね。

だから、自分の印象を高めておく方が、色々な面で得をすることができるわけです。自分の意見が通りやすくなりますから、上司からは好かれておきましょう。

好感度は才能ではない

誰からも人気があって、信頼を集める人がいますよね。学校や会社などの組織内で、必ず一人くらいはいるはずです。そういった人は、生まれもった才能や性格だけで好かれているわけではありません。

好感度は、毎日の行動によって積み重ねられていきます。たとえば、大きな声であいさつするとか、笑顔で話しかけるとか、テキパキ行動するといったことです。こういった小さな行動を積み重ねることで、好感度が上がっていくわけですね。

なので、特別な才能が無くても、好感度を高めることができることを覚えておくようにしましょう。逆に、毎日の些細な行動だけで、好感度が下がることもあるので注意が必要です。ですから、常に周りから見られているという気持ちを持って行動してください。

好感度を下げてしまう行動

自分が知らないうちに、好感度が下がっていることがあります。無意識に行動していると、周りを不快にさせることがあるからですね。以下に一例を紹介するので、自分に当てはまっていることが無いかを確認してみてください。

元気がない

声が小さかったり、いつも下を向いていると、元気が無いように見えてしまいます。なので、ハキハキと大きな声で話す習慣を付けるべきですね。元気がない人は、やる気の無さや自信の無さ、信頼の無さなどのイメージが付いてしまいます。

リアクションが薄い

上司が話しかけてくれたのにリアクションが薄いと、印象が悪くなります。日常の雑談などでも、リアクションが薄い人はノリが悪いと思われがちですね。また、すぐに返事をしなければ、話を聞かない人というレッテルを貼られてしまいます。

素直でない

言われたことに対して、反論したり不満をぶつけてしまうと好感度は下がります。会社は組織で動きますから、個人的に納得できなくても従う必要があるわけです。なので、時には我慢して行動しなくてはいけないことを覚えておきましょう。

上記に、当てはまる部分はあったでしょうか?重要なポイントは、周りからどう見られるかです。自分的には元気があったとしても、周りから元気がないと思われたら意味がありません。自分を判断するのは、常に他人となります。なので、他人目線で考えられるようにしてください。

上司からの好感度を高める秘訣

実は、好感度を高めることは、そんなに難しくありません。当たり前の基本を守っていれば、誰でも好印象を与えることができます。なので、以下の3つを意識しましょう。

  • 挨拶
  • 笑顔
  • ハキハキ話す

すごく基本的なことですが、ちゃんとできている人は思ったより少ないです。まずは、挨拶ですね。慣れてくると適当になってしまいがちですが、ちゃんと上司の目を見て挨拶するようにしましょう。場合によっては、挨拶のタイミングが無いことがあります。そういった時でも、頃合いを見て挨拶を行ってください。

そして、笑顔も大切です。無表情だと怖い印象を与えてしまいます。歯を出して笑う必要は無くて、広角を上げてニッコリしておきましょう。それだけで、かなり優しい印象になるはずです。すぐに顔の筋肉が引きつってしまう人は、それだけ普段から笑っていない証拠ですね。なので、人と接するときには、常に笑顔を意識しておきましょう。

後は、ハキハキ話すことも大切です。声が小さいと聞こえにくいですし、頼りない印象を与えてしまいます。大きな声でハキハキ話せば、積極的なイメージになるので上司からも信頼を集めることが可能です。

また、上司に意見するときには、細心の注意を払いましょう。上司の発言に対して、そのまま反論すると印象が悪くなります。なので、「そうなんですね。」と同意してから、自分の意見を述べるようにしてください。

上司の意見を一度受け止めることで、角が立たずに済みます。ちゃんと上司を尊重しつつも、ソフトに自分の意見を言うのがポイントですね。

以上、上司から好かれるための秘訣を紹介しました。同じような仕事をしていても、上司から好かれているだけで評価は変わってきます。会社は人間関係が大切ですから、日頃から信頼を築けるように意識することが大切だといえます。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする