職場の人間関係を壊さないための謝罪の秘訣

c67ld

仕事をしていると、ミスや失敗をすることがあるはずです。人間がやることですから、失敗を無くすことはできません。ただ、失敗をしたときにどのような対処をするかで、その人の評価が決まってしまうので注意しましょう。

誠心誠意の謝罪をしたり、同じ失敗が起きないように改善策を考えるなど、やることは非常に多いです。なので、自分の評価を落とすことの無いように、適切な対処を取れるように心掛けてください。

ここでは、職場で失敗をしたときの謝罪のコツを紹介します。

適切な謝罪と対処法について

すぐに謝る

失敗をしたときに、謝罪までの時間が長いほど誠意が無いと思われます。弁明したい気持ちがあるかもしれませんが、迷惑を掛けた上司や取引先などに謝るのが最優先です。なので、潔く失敗を認めて、謝罪の言葉を述べるようにしてください。

すぐに謝ることができれば、先方の気持ちが収まります。すると、その後の話し合いもスムーズに進むようになりますから、メリットが多くなるわけです。親しい関係であるほど謝りにくいものですが、人間関係を壊さないためにも謝罪は早いほど良いですね。

プライベートの友達であれば、「ごめんね」「すいません」といった言葉を掛けてください。仕事の場面であれば、「申し訳ございません」「失礼いたしました」などの丁寧な言葉を掛けるのが一般的となります。

言い訳をしない

大きな失敗は、小さなミスが重なって起きることが多いです。なので、自分一人の責任ではない場合もあります。そういった時でも、責任逃れをするような言い訳をしないようにしましょう。他人に責任を押し付ける姿は、非常に見苦しいです。

「○○さんの責任です」などと言ってしまったら、自分の印象は最悪となってしまいます。職場内での信頼関係がズタズタになってしまうので、当事者意識を持つことが大切ですね。不要な責任を負う必要はありませんが、自分の責任を認めることが社会人としてのマナーです。

誠意を伝える

単に謝罪の言葉を口にしても、誠意が伝わらなければ意味がありません。口先だけの謝罪であれば、見抜かれてしまうので注意しましょう。ベストな謝罪の仕方としては、頭を下げるだけでなく、今後の対応についても触れるということです。

「今後は同じミスを繰り返さないために、○○といった施策を行います。」

このような改善点を明言できると、上司や取引先からの信頼を壊すことはありません。また、自分では対処法が分からないなら、「どのような対処が必要でしょうか?」と上司に聞いてみるのも良いでしょう。

状況を改善する意思があることを伝えるのが大切なので、謝って終わりというわけではありません。ここは重要ですから、覚えておいてください。

同じミスを防ぐための方法

丁寧な謝罪を行ったとしても、また同じ失敗を繰り返してしまったら意味がありません。なので、謝罪を行った後は、失敗を繰り返さないための改善策を徹底するようにしてください。

小さなミスを防ぐ

大きな失敗の前には、複数の小さなミスがあると言われています。なので、小さなミスを未然に防ぐことができれば、大きな失敗をしにくくなるということです。そのために、ミスの原因となるものを取り除くようにしてください。

単純な確認作業や報連相を徹底するだけで、多くのミスは防ぐことができるはずです。少し面倒かもしれませんが、失敗を防ぐために必要ですから覚えておくようにしましょう。二重の確認フローを設けたり、報連相のチェックシートなどを作ることで、ミスをしないようになると思います。

職場内での連携を強化する

複数の人間が絡んだ失敗に関しては、しっかりと連携を強化しなくてはいけません。伝達ミスが原因で失敗が起きる可能性が高いので、チーム内でのコミュニケーションを増やす必要があります。

また、責任の所在を明らかにすることも大切ですね。どこからどこまでが、誰の責任なのかを明確にしておきましょう。そうすることで、一人一人に責任感が生まれるので、小さなミスを防ぐことができるわけです。

他人に責任を押し付けることも無くなるので、それぞれの工程ごとに責任者を作るようにしてください。

以上、職場の人間関係を壊さない謝罪について紹介しました。謝罪の仕方が悪ければ、先方の気分が余計に悪くなります。自分の人間性を疑われてしまう可能性もあるので、スピーディに適切な対処ができるようにしてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする