人と上手に話すためのコツとは何か?

q4kva

話し上手になるための方法は、非常にたくさんあります。なので、自分に足りないスキルを明確にして、それを補えるように心掛けるようにしてください。まず最初に行うべきことは、目的を明確にすることです。

話すことは、手段にすぎません。なので、何のために話すのかを明確にして、それに適したコミュニケーションができるように意識をしてください。たとえば、情報を伝えるだけなのか、相手と仲良くなりたいのか、印象を良くしたいのかなど、それぞれによって対策は異なってきます。

ですから、話す前に目的を決めることから始めてください。

情報を伝えるときのポイント

簡潔に伝える

プレゼンや会議などで、相手に情報を伝える必要がある場合がありますよね。そういった時には、分かりやすく伝えることを意識してください。自分の言いたいことを簡潔にまとめて、手短に伝えることが求められます。

ですから、まずは何がメインなのかを考えましょう。そして、無駄な情報を省いて、必要なことだけを伝えられるように意識しないといけません。言いたいことは、3つ以下に絞ることが大切ですね。情報が多すぎると、聞いている方は混乱してしまいます。

よくあるのが、前置きが長すぎるケースです。前月の売上を伝える場面なのに、行った対策であったり反省点などを長々と話してしまって、結局何がメインなのか分からなくなっている人が多いです。なので、伝えるべきことを端的に伝えられるように意識してください。

声の大きさと滑舌

そして、声の大きさも重要な要素です。小さな声でボソボソと話しても、上手く相手に伝わりません。少し大きな声で話すだけで、理解度が上がったというデータもあります。意外と重要な要素ですから、忘れないようにしてください。

また、滑舌なども重要ですね。発音をハッキリとさせるだけで、説得力が高くなります。また、信頼性も上がりますから、ビジネスの場面では滑舌の重要度は高いです。なので、大きな声でハキハキ話せるように、日頃から意識をするようにしましょう。

分かりやすい言葉

何かを伝えるときには、難しい言葉は使わないようにしてください。特に、専門用語などを多用してしまうと、知識が無い人には理解できません。また、世代によって理解できない言葉などもありますから、注意が必要です。若者向けの言葉だと、年配層は分かりませんからね。

なので、例え話などを使って伝えることが有効です。難しい話でも、例え話を使うだけで簡単に理解させることができます。身近にあるもので例えられるように、日頃から練習をしておいた方が良いかもしれません。

相手と仲良くなりたいときのポイント

共通点のある話題を選ぶ

相手との距離を縮めたい場合は、共通の話題を選ぶことが大切です。たとえば、趣味であったり、出身地であったり、好きな食べ物であったりなどですね。お互いの共通点などがあれば、親近感が湧きますので距離感がグッと近づきます。さらに、話も弾みやすいですから、かなり効果的なわけです。

共通点を探すために、相手に対して色々な質問をしましょう。質問をするときには、抽象的な質問を心掛けましょう。たとえば、「サッカーは好き?」と聞くよりも、「好きなスポーツは?」と聞いた方が、相手は答えやすいです。サッカーが好きかどうか聞いたとしても、嫌いだったら話が終わってしまいますよね。なので、広く答えられる質問を意識しましょう。

聞き上手に徹する

人は自分の話を聞いてくれる人に対して、好感を持ちやすい傾向にあります。なので、積極的に相手の話を聞いて、しっかりとリアクションを取るようにしてください。うなずきや相槌などを多用することで、熱心に話を聞いているとアピールできます。

また、相手の言葉を繰り返すオウム返しなども有効ですね。相手に対する興味を示して、熱心に話を聞くことで好感を得やすくなるでしょう。意外とできている人が少ないので、日頃から意識するようにしてください。

好印象を与えたいときのポイント

表情や態度で表す

相手に好印象を与えるためには、話す内容よりも表情、雰囲気、服装、しぐさなどが重要となってきます。見た目から与える印象はかなり大きいですから、清潔感があるように身だしなみを整えるようにしてください。

ある研究によると、他人に与える印象のうち、口調や話の早さなどの聴覚情報が38%、見た目などの視覚情報が55%を占めることが分かっています。つまり、話の内容で与える印象は、7%しかないということですね。

なので、相手から自分がどう見えているかを意識するようにしてください。そうすることで、与える印象も大きく変わってくるはずです。

話すことと聞くことのバランスを考える

自分のことばかり話す人は、あまり良い印象を与えません。先述したように、人は自分の話を聞いてくれる人に好感を持ちます。なので、自分のことを話すよりも、相手の話を聞くことにフォーカスするようにしてください。

割合としては、聞くのが7割で話すのが3割くらいですね。聞き上手に徹して、相手の話に耳を傾けるようにしましょう。それだけで、格段に印象が良くなりやすくなりますよ。日頃から意識しておくようにしてください。

以上、上手に話すための基本事項をまとめました。自分の目的に合わせて使い分ければ、きっと上手く話せるようになるでしょう。これは何度も練習を繰り返すことで身に付くことですから、人と話すときには常に意識することが大切です。知っておくと役に立つはずですから、忘れないようにしましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする