話を弾ませるための話題作りのコツとは?

liglt

上手くコミュニケーションを取るために、日頃から話のネタを集めている人は多いでしょう。ニュースであったり、周りで起こった出来事であったり、メモなどを取っている人もいるかもしれません。そういった心がけは素晴らしいことですが、なかなか毎日続けることは難しいですよね。

また、熱心にネタ集めをしたとしても、相手がその話題に食い付くかどうかは分かりません。だから、集めたネタが無駄になってしまう場合もあるわけです。ですから、別の角度から話題を探す手段を身に付けておきましょう。

ここでは、相手に喜ばれる話題の集め方を紹介します。

どんな話題を人は好むのか

人は誰でも、認められたいという感情を持っています。これを「承認欲求」と言いますが、人間は自分のことを認めてくれる人に対して、好感を持つ傾向にあります。なので、相手の承認欲求を満たす話題を提供することで、自然と話は弾んでいくわけです。

つまり、聞き上手になるということです。自分の話を熱心に聞いてもらえれば、認められていると思いますよね。そのために、相手が話したいと思っている話題を提供して、熱心に聞いてあげましょう。

これが、楽しい話題作りのコツです。たとえば、釣りが好きな人であれば、今まで釣った魚の話であったり、釣りのやり方などについて質問をしていきます。そうすると、相手は喜んで話してくれますよね。自分の好きな話題ですから、当然のことです。

このように、相手の承認欲求を満たせるように、話題を提供できるように心掛けましょう。

スムーズに会話を進めるための3つのステップ

1.話しやすい雰囲気を作る

まず、最初の段階では、雰囲気が重くなっていることがあります。特に、初対面であれば、お互いに緊張して壁がありますよね。なので、当たり障りのない質問をして、緊張をほぐすようにしましょう。

たとえば、天気やニュース、食事の話などですね。こういった質問は、深く考えずに答えることができるので、会話のキッカケづくりに有効です。なので、「暑くなってきましたね」とか「明日は雨らしいですよ」など、簡単に答えられる質問をしみてください。

2.相手を褒める

次に、距離感をグッと縮めるために、相手を褒めるようにします。服装や髪形など、目に付いたものを褒めてみましょう。「カッコいいカバンですね」とか「髪の色キレイですね」など、具体的に褒めるようにしてください。

褒められて嫌な気をする人はいないので、空気が温まって話やすい雰囲気になると思います。照れなどがあると上手く褒められませんから、余計なことを考えずにフラットな気持ちで会話するのがコツですね。

3.相手の興味を探る

話しやすい雰囲気になってきたら、相手の好きなことやハマっていることなどを質問して、何に興味を持っているのかを探っていきます。色々な話題を軽く振っていって、どこに食い付くのかを見るようにしてください。

そして、興味を示した話題があれば、そこについて質問をして深く掘り下げていきます。こういった感じで、相手の興味・関心が分かると盛り上がる話題を見つけやすいです。なので、しっかりと相手を観察して、興味を探るようにしましょう。

聞き上手とは、リアクション上手のこと

相手の興味が分かれば、そこについて質問をしていきます。その時に、ちゃんと興味を示しながら聞かないと意味がありません。軽く聞き流す程度では、相手は満足してくれない可能性が高いです。

なので、しっかりと相手の話に対して、リアクションを取るようにしましょう。たとえば、驚いたり、笑ったり、質問をしたり、何らかのアクションを起こさなければ、相手は聞いてくれているという意識を持ちません。

だから、楽しく聞いていることが分かるように、熱心に興味を示すようにしましょう。銀座のホステスなんかは、こういったリアクションが上手いですね。お客さんの話を、本当に楽しそうに聞く技術が高いです。相手を気持ちよくさせることを意識して、話を聞くようにしてください。

また、出来事よりも相手の気持ちにフォーカスすると話が弾みやすいです。たとえば、釣りが趣味の人であれば、「釣りの魅力ってなんですか?」といった質問をするわけです。そうすれば、深い話を聞きだすことができますよね。

そして、「達成感があることかな」といった回答が来れば、「今までにどんな達成感がありました?」と話を広げることができます。

また、「私も○○をしたときに、達成感がありましたね。」と言う風に、別の話題へ転換することも可能です。釣りに興味が無かったとしても、気持ちにフォーカスすると共通点を見つけられるわけですね。

コミュニケーションにおいて大切なことなので、覚えておいてください。

以上、相手が喜ぶ話題作りの方法を紹介しました。とにかく、色々なことを質問していって、相手の興味を見つけることが大切です。そして、それを話題にすることで、話を弾ませることができます。なので、相手の趣味・趣向を見つけることができるように、日頃から意識をするようにしてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする