人と上手く話すために意識するべき3つのこと

cbvq9

学校や職場での人間関係に悩んでいる人は、非常に多いでしょう。自分の言いたいことが伝わらなかったり、誤解を生んでしまって人間関係が崩れてしまうことも多いです。なので、周りの人間と上手くコミュニケーションができるように、話し方の基本をマスターしておきましょう。

意志疎通が難しいと感じている人は多いですが、実際にはそれほど難しいことはありません。基本的な約束事さえ守っていれば、誰とでも円滑に話せるようになるはずです。誰かと会話するのは、本来であれば楽しいものです。

ですから、話し方の基本をマスターして、楽しく会話できるようになりましょう。

自然体で話せるように

人は毎日のように誰かと会話をしていますが、話し方を専門的に習ったことは無いですよね。みんな独学で会話方法を身に付けていき、それで毎日話しているわけです。だから、生まれつき会話が苦手な人は、大人になってからも上手くコミュニケーションが出来ないことが多いでしょう。

ただ、会話は呼吸や歩行などと同じように、無意識に行うものです。なので、意識的に上手く話そうとすると、逆に変になってしまうということがあるわけですね。実際、呼吸や歩行を意識的にやろうとしたら、ギクシャクしてしまいます。

会話が苦手な人は上手く話そうと意識しますが、それが逆効果になることもあるわけです。なので、自然体で何も考えずに話すことを意識すれば、いつしか上手く話せるようになるでしょう。

何が言いたいのか?

自分が何を話したいのかを明確にせずに、なんとなく話している人は多いです。それだと、話し終わった後に、「だから何?」と思われてしまいます。話にオチが無いタイプの人は、こういった傾向が強いですね。

なので、話す前に「何を伝えたいのか」と、自問自答してみてください。話す目的が明確になっていれば、自然と適切な伝え方も分かります。

たとえば、会社の売上推移を紹介するなら、前年比のグラフなどがあったほうが良いですね。最近見つけた美味しそうなお店の話をするなら、写メなどを見せた方が良いかもしれません。

このように、目的によって伝え方も変わるわけです。適切に伝えられるように、言い方を工夫するようにしましょう。以下のページも、参考にするいいと思います。

また、伝えるべきことを自問自答していけば、どんどん言いたいことが具体的になっていきます。そうやって具体化していくと、短い言葉で端的に伝えられるようになります。シンプルに伝えられるようになると、スマートな印象となるので信頼感が得やすいですね。特に、リーダー的な立場の人だと、意識した方が良いと思います。

相手の存在を尊重する

自分の言いたいことが明確だとしても、相手を無視して一方的に話すのはマイナスです。会話は相手がいてこそ成り立つものですから、ちゃんと相手を意識しましょう。「誰に向かって話すのか」が明確になれば、話し方も変わってきます。

老人や子供であれば、ゆっくりと大きな声で話す必要があります。その業界に詳しくない相手だと、専門用語などを使わない方が良いでしょう。このように、相手に合わせて話を進めることを意識しておいてください。言葉やテンポ、間やスピードなども重要な要素です。

そして、相手の話を聞くことも意識しましょう。自分の言いたいことを一方的に話すのは、コミュニケーションとはいえません。相手の話を熱心に聞くことで、その人に対する興味・関心を示すことができます。

人は自分に興味を持つ人に好感を持ちますから、あなたの好感度も上がるわけですね。なので、自分が話すときにも、相手は興味深く聞いてくれるはずです。このように、相手の話をちゃんと聞けば、自分が話しやすい環境を作ることができます。

以上、話し方の基本を紹介しました。基本的なことを理解するだけでも、格段に話し方は向上するはずです。自然体で話すことができるように、これらの基本を日頃から意識するようにしてください。そうすれば、誰とでも気軽に話すことができるでしょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする