何を話せばいいか分からない時の対処法について

34opq

会話に対して苦手意識を持っている人は、「何を話せば良いか分からない」という悩みがある場合が多いです。誰かと話していても、すぐに話題が無くなって沈黙してしまうわけですね。だから、気まずい思いをしてしまって、ますます人と話すのが苦手となります。

何を話そうかと深く考えるほど、どんどん頭が真っ白になっていきます。パニックになって支離滅裂な言動をしてしまうこともあるので、落ち着いてどっしりと構えることが大切ですね。実際、会話なんて簡単ですから、肩の力を抜いて行うようにしましょう。

ここでは、会話の基本を紹介していきます。

相手から話を引き出す

何を話すのかということは、自分で考えるものではありません。仮に、自分から話題を振ったとしても、それが相手の興味を引くかどうかは分からないからです。野球に興味が無い人に対して、日本シリーズの話をしても理解されませんよね。なので、相手から話を引き出すことを意識しましょう。

相手の服装や趣味、最近あった出来事などを話題にすれば、必ず興味を持たれるはずです。なぜなら、その人自身の話題だからです。人は誰でも、自分のことに最も関心があります。自分の好きな服を着て、自分が興味のあることを趣味としているわけです。

だから、その人に関する話題を話すことで、確実に興味を持たれるわけですね。そこから話を広げるようにすれば、話題に困ることはありません。自分で話題を考える必要が無いですから、楽に会話を進めることができるはずです。

会話を続けるためのテクニック

質問をする

積極的に質問をすることで、相手への関心を示すことができます。誰でも自分に興味を持ってくれる人に対しては、好感を持つ傾向にあります。なので、積極的に色々な質問を投げかけてみましょう。

そうすれば、色々な話題が出てきますから、会話に困ることはありません。「そのカバン、カワイイね。」「休みの日は何してるの?」といった話題を振れば、相手は喜んで話してくれるはずです。

ここでのポイントとしては、「共感する」ということです。せっかく質問したのに、否定的な態度をすると相手に失礼ですよね。だから、相手の返答に対しては、共感を示すようにしましょう。「スゴイね!」と驚いてみたり、「それ分かる!」と同意したり、共感を示すアクションを取ることが大切です。

日頃から話題を集めておく

会話のキッカケ作りとして、色々な話題を用意しておくのはおススメです。天気や食べ物、時事ニュースなど、当たり障りのない話題を用意しておきましょう。誰かに話しかけるときには勇気がいると思いますが、「今日は暑いですね。」と言えばスムーズに話しかけることができます。

最初から重い質問をすると不自然なので、自然な会話のためには簡単なネタを持っている方が有利なわけです。新聞やテレビのニュースに目を通しておけば、色々なネタを集めることができます。面白いネタである必要はありませんから、2~3個持っておいてください。

空き時間のちょっとした会話を弾ませるコツ

以上、何を話せば良いか分からない時の対処法を紹介しました。相手によって興味を持つ話題は異なりますから、その人に応じて話題を選択するようにしましょう。そうすれば、誰とでも話を弾ませることができるはずです。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする