言いたいことを分かりやすく相手に伝える力とは?

xt53o

一生懸命に話しているのに、言いたいことが上手く伝えられない場合があります。話の内容を精査して論理的に説明しても、相手が理解してくれないことがよくあるわけですね。そういった時には、相手が理解できる伝え方をしているかを考えるようにしましょう。

スポーツチームの監督やトレーナーなどは、優秀な人ほど伝え方が上手いです。これは、相手によって最適な伝え方を考えているからですね。誰にでも同じ伝え方をしていたら、思うように理解してくれないことが多いです。

なので、その人に応じた伝え方を工夫するようにしてください。そうすれば、伝わりやすい話し方になるでしょう。

「分かりやすい」のは誰が決めるのか?

自分自身がどれだけ分かりやすいと思っていても、それで相手に伝わるとは限りません。自分と相手とでは感じ方が異なるので、理解度に差があるからですね。だから、自分の感覚だけで話している人は、思うように伝えられなくてイライラしてしまいがちです。会話が続かないのも、ここに原因がある場合が多いですね。

なので、相手を基準にして伝えるようにしましょう。その話が分かりやすいかどうかは、「相手」が決めることです。だから、自分の基準だけで話していても、ちゃんと伝わらないわけですね。極端な話、自分が理解できなくても、相手が理解できればそれで良いのです。

つまり、どう伝えるかではなくて、どう受け取られるかだといえます。相手の受け取り方次第で意味も変わってくるので、そこを意識しておかないといけません。

分かりやすい伝え方のコツ

相手の価値観を考える

人によって考え方や感じ方が違うので、その価値観の違いを受け入れることが大切です。自分本位の伝え方だと、相手の理解が得られなかったり、思わぬ反発を生む可能性があります。だから、そもそも価値観が異なるという前提で、どう伝えるかを考えるようにしましょう。

ポイントとしては、相手に共感を持ってもらうことです。聞き手が明確にイメージできるような例え話を使えば、伝わり方は大きく改善するでしょう。

たとえば、サッカーが好きな相手であれば、サッカーに例えて伝えられるかもしれません。車が好きな人だと、車に例えることで分かりやすくなる可能性がありますよね。このように、相手が理解しやすいように配慮することで、圧倒的に伝わりやすくなります。

数字は具体的なものに置き換える

以下の文言を見た時に、ハッキリと大きさをイメージできますか?

  • 20cmの棒
  • 14.1インチの液晶モニター
  • 10ヘクタールの畑

大体のサイズは分かるかもしれませんが、明確にイメージするのは難しいですよね。こういった時にも、例え話を使うことで理解度がアップします。つまり、身近にあるイメージしやすいもので例えれば、圧倒的に分かりやすくなるということです。

たとえば、以下のような感じです。

  • 20cmの棒 ⇒ ティッシュ箱の縦と同じくらいの長さ
  • 14.1インチの液晶モニター ⇒ A4サイズのコピー用紙と同じくらい
  • 10ヘクタールの畑 ⇒ 東京ドーム2個分

かなりイメージしやすくなりましたよね。このように、身近なものを使うことで、頭の中でイメージが湧くわけです。これを知っているだけでかなり変わってくるので、覚えておいてください。

数字を使って伝える

先ほどとは逆に、数字を使った方が分かりやすくなる場合もあります。たとえば、時間や個数を表すときですね。

  • 早起きした。
  • リンゴをたくさんもらった。
  • 帰りが遅くなりそう。

こういった表現だと、抽象的なので分かりにくいですね。なので、数字を使って具体的に示す方が良いわけです。

  • 朝5時に起きた。
  • リンゴを20個もらった。
  • 帰りが23時くらいになりそう。

これなら、誰が聞いても誤解を生むことはありません。変な誤解を生んで、トラブルが起きることも無いでしょう。

特に、ビジネスの世界だと、コミュニケーションのミスで大きな損害が出ることがあります。だから、責任の重い現場ほど、数字を使って伝えるようにしてください。

自分の言葉で伝える

何かを伝えるときに、本で読んだり誰かに聞いたことを、そのまま言う人がいます。それだと、思うように伝わらない可能性があります。上辺だけの言葉に思えてしまって、気持ちが入っていないからですね。

なので、他から聞いた言葉でなくて、自分の言葉で話す必要があります。自分の言葉とは、自分で経験したことであったり、感じたことからくる言葉ですね。こういった話をすることで、説得力が非常に高くなります。

自分の中で腑に落ちた言葉でなければ、相手に伝わりにくいですから注意しましょう。口先だけの人間だと思われがちなので、気を付けてください。

気持ちを込めて話す

先述したように、上辺だけの言葉には気持ちが入っていません。だから、相手の心に響くことが無いわけですね。同じ言葉であっても、感情によって伝わり方は大きく変わります。たとえば、「分かったよ」という時に、楽しそうに言うのと嫌そうに言うのとでは全く違いますよね。

どんな感情が込められているのかは、相手には伝わります。言葉だけで取り繕っても、相手には見透かされてしまうので注意が必要です。自分では気が付かないうちに、相手を傷つけているかもしれません。

分かりやすく話す

頭の良い人は、誰かに説明するときに専門用語を多用しがちです。自分の知識をひけらかしたいのは分かりますが、難しい言葉を使っても相手には伝わりにくいですね。なので、中学生でも理解できるように、簡単に説明できることが重要だといえます。

難しいことを簡単に伝える技術が大切なので、分かりやすさを重視してみてください。相手に配慮した話し方ができる人は、誰からも信頼を集めやすいといえるでしょう。

以上、分かりやすく伝えるための秘訣を紹介しました。自分本位の話し方だと、思うように伝えられません。だから、相手がどう思うかを最優先に考えて、伝え方を工夫するようにしましょう。そうすれば、聞き手の理解度が上がるはずです。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする