人から誤解されやすい性格を直すには?

pae17

何気ない言葉で、友達を傷つけてしまったことはありませんか?自分では悪気が無かったとしても、相手からすると変に思われてしまうことがあります。また、相手が気を悪くしてしまったことに、全く気が付かない人もいるかもしれません。

一度口から出てしまった言葉は、取り消すことができないですよね。人間関係が壊れるキッカケとなる可能性もあるので、慎重に言葉を選んでコミュニケーションをする必要があります。よく周りの人から誤解を受けてしまうのであれば、少し注意力が足りないといえるでしょう。

ここでは、誤解を生まないための秘訣を紹介します。

誤解を生んでしまう理由

親しき仲にも礼儀あり

普通、目上の人であったり、あまり親しくない人が相手だと、誰でも気を遣って言葉を選ぶはずです。だから、失言をしてしまう可能性は、かなり少ないと思います。

一方、注意しなくていはいけないのが、親しい人との会話です。家族や親友など、あまり気を遣わない人が相手だと、何も考えずに言葉を放ってしまいがちですよね。だから、汚い言葉や相手の人格を否定するような言葉を使ってしまうことがあります。

関係性が近い相手ほど、何も考えずに言葉を放ってしまうわけです。余計なひと言のせいで、相手の心証を悪くするということはよくありますね。ですから、誰と話すときであっても、よく考えて言葉を選ぶ必要があります。

相手への伝わり方を考えていない

自分自身では良い事だと思っていても、相手には悪く聞こえてしまうことがあります。言葉には色々な意味がありますから、聞く人によって意味が変わることがあるわけですね。たとえば、「写真写りが良いね」と褒めたつもりでも、相手からすると「実物が悪いってこと?」と思われるかもしれません。

言葉の意味は一つではありませんから、相手がどう思うかを考えながら話す必要があるわけです。だから、自分の目線ではなくて、相手の目線で会話をすることを心掛けてください。もちろん、相手の気持ちを読み切るのは不可能ですが、普段から意識をしておいて損はありません。

理解されないことへの苛立ち

「自分は相手のことを考えているのに、相手は自分のことを考えてくれない。」「なぜ、自分の言うことを理解してくれないのかだろうか。」などと考えていると、相手に対してイライラしてしまいます。

人は自分のことを理解してほしいと本能的に思っているので、理解されないことで腹が立ってしまうわけですね。そうすると、ついカッとなって余計なひと言を吐いてしまったりします。親しい相手ほど「自分のことを理解してくれる」という先入観があるため、理解されないことで裏切られた気持ちになってしまうわけですね。

でも、余計なことを言ってしまうと後悔するのは自分なので、言葉を発する前に考える必要があります。

誤解を生まないためには対話を心掛ける

いつも誤解されがちな人は、相手の話を聞くことを強く意識してください。話を聞くことは、自分が話すよりも大切なことです。先述したように、人は自分のことを理解して欲しいと思っています。だから、まずは相手の話を聞かなくてはいけません。

相手の言葉や気持ちに耳を傾けて、メッセージを受け止めるようにしましょう。相手に注意を払って楽しく聞くことを心が得ていれば、相手は嬉しくなってあなたに好意を持つようになります。そして、相手もあなたの話を積極的に聞こうとするわけです。

なので、お互いに言いたいことが伝えられるようになり、余計な誤解も生みにくくなるでしょう。とにかく、聞き上手になることからコミュニケーションは始まります。なので、誤解を生まないためにも、相手の話を聞くことを意識することが大切です。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする