初対面や親しくない人との接し方のコツとは?

4ebce

何度か話したことがある人であれば、その人の情報を知っているので会話はしやすいと思います。しかし、初対面であったり、ほとんど会話をしたことが無い人だと、何を話せばいいのか分かりませんよね。

「こんなことを言ったら失礼だろうか」「嫌われてしまうかも」などと不安になってしまって、話しかけることすら出来ないかもしれません。あまりにも気を遣いすぎると自分自身が疲れてしまいますから、楽に話せるようになる必要があります。

ここでは、初対面や仲良くない人との会話のコツを紹介します。

話す前の心構えについて

当たり障りのない会話から始める

相手のことをよく知らない段階では、あまり深い会話はしない方が良いでしょう。相手からすると聞かれたくない情報もあるでしょうし、不用意にプライベートな質問をするのは御法度です。なので、最初は当たり障りのない会話をするのが無難ですね。

天気やニュースなどの世間話をして、相手の顔色をじっくりと観察してください。相手の表情を見ていると、言いたくないことや答えたくないことが分かるはずです。少しでも戸惑ったそぶりを見せたら、話題を変えるようにしましょう。

深い会話は仲良くなってからでいいので、最初から距離を詰め過ぎないことが大切ですね。

話を弾ませるための話題作りのコツとは?

自分を大きく見せようとしない

初対面でありがちなのが、自分を大きく見せようとすることです。相手に舐められないために、つい余計な見栄を張ってしまうことがありますね。でも、出会ったばかりで自慢話をしてしまうと、あまり印象が良くありません。第一印象は非常に大切ですから、最初のうちは謙虚な態度で接した方が良いでしょう。

大きく見せることを考えなければ、話すときに緊張しにくくなります。自分を演じる必要が無いために、余計なプレッシャーを受けないからですね。逆に、自分のダメなところをさらけ出した方が、相手からの印象は良くなります。裏表がない人だと思われますので、無理に自分を作るようなことはしないでください。

笑顔を忘れない

第一印象は、出会って3~7秒で決まると言われています。なので、初対面の人と会う時には、最初が肝心です。少しでも印象を良くするために、笑顔を意識するようにしましょう。笑顔は最大のコミュニケーションツールであり、距離感を一気に縮めることができます。

無表情の人よりも笑顔の人の方が、話しやすそうに感じますよね。だから、最初に笑顔で挨拶をすることが大切です。普段から笑っていない人だと、顔が引きつってしまうので注意してください。

印象の良い笑顔の作り方としては、口角を上げて歯を見せるということです。これを意識していれば、親しみのある表情となると思います。自然に笑顔が作れるように、鏡の前で練習をしておくと良いでしょう。

服装にも気を遣う

やはり、第一印象を良くするには、服装も大切となります。見た目で人間性が判断されてしまうので、ボロボロの服を着ていたらマイナスとなってしまいますね。高価なブランドは必要ありませんから、清潔感のある服装を意識してください。

また、洋服の色を考えることで、自分のイメージを演出することができます。

  • グレー:控えめで落ち着いたイメージ
  • 白:清潔でピュアなイメージ
  • 茶色:温和で親しみやすいイメージ
  • 赤:積極的で活発なイメージ
  • 青:落ち着きのあるイメージ
  • 黄色:明るく素直なイメージ

自分が与えたい印象があるなら、洋服の色も意識してみると良いでしょう。そうすることで、持たれる印象が大きく変わると思います。印象が悪ければ話も弾みませんので、服装には最低限の気遣いが必要ですね。

初対面や親しくない人と話すときのコツ

自分の情報を出す

相手のことを知る前に、まずは自分の情報を出すようにしてください。お互いによく知らない状態だと、警戒心を持ってしまいますよね。なので、相手に質問をしたとしても、気持ち良く答えてもらえない可能性が高いです。

なので、自分から情報を出していくことで、警戒心を解くことが大切となります。「私は大阪出身なんですよ。あなたはどちらですか?」という聞き方だと、相手は安心して答えることができますよね。

こういった配慮をすることができれば、少しずつ距離感を縮めていくことができます。

お互いの共通点を探す

色々な質問をしていくと、何かしらの共通点が見つかると思います。たとえば、出身地や趣味、好きな食べ物などですね。共通点が見つかったなら、その話題について深く掘り下げていきましょう。お互いに知っている内容なので、話が弾みやすくなります。

また、共通点があるというだけで、相手から好印象を持たれやすいです。仲良くなれる可能性がグッと高くなるので、知らない人と話すときは共通点を意識的に探すと良いでしょう。そうすることで、相手も安心してくれると思います。

ポイントとしては、「共通点を探すこと」となります。共通の趣味や好きなことがあれば、親近感が湧きます。なので、距離感が一気に縮まるわけです。相手も自分の話を興味深く聞いてくれるようになるので、共通点は重要だといえます。

引用:相手との距離感を縮めるための話題の作り方

柔らかい表情を意識する

仲良くない人と会話するときには、緊張して表情が硬くなる人がいます。それだと、怒っているような印象を与えてしまうため、相手も緊張してしまいます。すると、会話が弾みませんので、仲良くなることができません。

なので、話すときには笑顔で接するようにしてください。ニコニコして会話をすることで、相手の緊張を解くことができます。また、自分から心を開くことにもなるので、相手も打ち解けて話してくれるようになるでしょう。

相手が答えやすい質問をする

質問が下手な人は、会話が続かない傾向にあります。「今日は良い天気ですね」という質問だと、「そうですね」という答えで終わってしまいます。それよりも、相手が自由に答えられる質問をするのが望ましいです。

「今日は良い天気ですね。こんな日は、サーフィンに行きたくなりますよ。何か趣味とかありますか?」

こういった質問なら、相手の答えられる幅が広いですよね。趣味が分かると、そこから会話を広げることもできます。話を弾ませるためには、質問の仕方が重要なので覚えておいてください。

選択肢を提案する

抽象的な話ばかりしていると、相手が答えに困ってしまう場合もあります。そういった時には、選択肢を提案してみましょう。そうすることで、答えやすい質問となりますから、相手に負担を掛けることはありません。

たとえば、以下のような質問です。

  • サッカーと野球なら、どっちが好きですか?
  • エグザイルの中だと、誰がタイプですか?
  • インドア派ですか?アウトドア派ですか?

このように、選択肢を提供することで、テンポ良く会話を進めることができます。親しくない人とでもスムーズに会話できますから、覚えておくと良いでしょう。ここから共通点を見つけることもできるので、さらに会話を広げたりすることが可能です。

リアクションをする

相手の話を聞くときには、うなずきや相槌、表情などのリアクションをするようにしてください。無表情や無言で話を聞いているだけでは、本当に聞いているのか分かりません。次第に相手の話す気持ちが無くなっていくので、会話が止まってしまいます。

でも、笑いながら手を叩いたり、「へぇ」「マジで?」などの反応をすることで、相手は気分良く話し続けてくれます。相手の気分を乗せるためにも、聞き上手になるということは非常に大切です。

聞かれたことは相手にも聞く

相手から何か質問をされたら、同じ質問を相手にぶつけてみましょう。基本的に、相手が聞いてくる質問は、自分が聞かれても良い質問です。なので、「あなたはどうですか?」と聞き返すようにしてください。

そうすれば、会話が続くようになりますし、話題を広げる材料も増えることになります。会話はキャッチボールですから、お互いにボールを投げ返すのがマナーだといえますね。聞きっぱなしや聞かれっぱなしはマナー違反ですから、十分に注意してください。

以上、初対面や親しくない人との会話を紹介しました。社会人になると、新しい人と出会う機会は多くなります。そういった時に、人見知りで上手く話せなければ仕事になりません。ちゃんと関係性を作れるために、話し方のコツを知っておくようにしましょう。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする