沈黙しないための会話の上手な切り返し方法とは?

vx8fy

雑談をしているときに、相手から話の腰を折るようなことを言われることがあります。そうすると、口ごもってしまって会話が止まったりしますよね。そういった時に苦笑いしかできなければ、気まずい雰囲気になってしまうでしょう。

それを避けるためには、上手な切り返し方法を知っておくと便利です。たとえ、話の腰を折られたとしても、そこから切り返すことができれば会話が止まることはありません。色々な状況に臨機応変に対応できるように、覚えておいてください。

ここでは、上手な話の切り返し方を紹介します。

色々な話の切り返し方

急に話題を変えられたとき

自分が気持ち良く話しているのに、「話変わるけど」と急に話題を変えられてしまうことがありますよね。自分の話を最後まで聞いてもらえないと、不満な気持ちになるでしょう。話を譲ってあげても良いですが、素直に譲ると自分の価値が下がってしまいます。

なので、こういった時の上手い切り返し方を覚えておきましょう。

相手:「話変わるけど・・・」
自分:「これから良い所だったのに・・。まぁ、良いよ。」
相手:「やっぱりいいや。続きを聞かせて」

このように、続きを期待させるような発言をすれば、相手は内容を聞きたくなります。途中で話を止めてしまったことに、後悔するかもしれません。こうすれば、自分の話の重要性を伝えることができるので、かなり有効な方法だといえます。

相手:「話変えていい?」
自分:「絶対にダメ!!」
相手:「え?」
自分:「嘘だよ。別に良いよ。」

こういった言い方をすれば、相手は驚くかもしれません。話を途中で止めてしまたことに罪悪感を感じるかもしれませんし、話を最後まで聞いてくれる可能性が高まります。普通に話を譲るよりも、こういった切り返しをすれば相手の印象に残りやすいといえますね。

「言うと思った」の切り返し

せっかく自分がアドバイスをしてあげたのに、「それ言うと思ったよ」などと言われてしまうことがありますよね。これは、今までの話が台無しになってしまうので、あまり良い言葉ではありません。

でも、空気を読めない人は、こういった発言をしてしまいます。自分が言われてしまった時には、そこからの言い回しに困ってしまうでしょう。なので、以下のような切り返し方を知っておくと良いですね。

相手:「そう言うと思ったよ」
自分:「さすが!筋が良いね。」

このような言い方をすると、相手の気分を良くすることができます。自分の余裕を示すこともできるので、器の大きな人間と思ってもらいやすいですね。

ここで重要なのは、相手の意見を肯定することです。思ってないだろうと否定をしたとしても、堂々巡りで話が進みません。なので、相手の主張を受け入れてあげて、余計な衝突を避けるようにしてください。そうすれば、楽しく会話をすることができるはずです。

「前にも聞いたよ」の切り返し

毎日誰かと話していると、過去に言ったことを同じ人に話してしまう場合があります。「前にも聞いたよ」と言われてしまったら、すごく恥ずかしい思いをしますよね。でも、そこで動揺してしまったら余計にカッコ悪くなるので、余裕のある態度を取りたいものです。

相手:「それ前も聞いたし。」
自分:「もう一度、言いたかったんだよ。」

こういう言い方をすれば、分かっててわざと言ったという印象となります。自分のミスだとは思われないので、恥ずかしい思いをしなくても良いですね。

ここで焦った表情などをしてしまうと、相手に見透かされてしまいます。なので、堂々として冷静に対処することが大切だと言えるでしょう。

以上、上手な話の切り返し方を紹介しました。これを知っていることで、どんな状況下でも焦る心配は無くなると思います。なので、いつでも言葉を出せるように、頭の中に入れておいてください。

footer

  • 嫌われるのが怖くて言いたいことが言えない
  • 人との間に壁を作ってしまう
  • 何を話していいか分からない
  • 人と話すときに緊張してしまう

などの理由で悩んでいませんか?

1日5分のトレーニングで、会話力を大幅に向上できる方法があります。

実は、上手く話せるようになるコツは、以下の3つだけです。

  1. 防衛本能を解除する
  2. コミュニケーションの基本を理解する
  3. 聞き方や話し方のスキルを身に付ける

このプロセスに沿って練習すれば、誰でも話し上手になれます。

限定公開ですから、早目にチェックしてください。

詳しくはコチラ

フォローする